韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  イ・ジェヨン副会長など20人以上を起訴…歴代の特検で「最大の成果」

イ・ジェヨン副会長など20人以上を起訴…歴代の特検で「最大の成果」

ハンギョレ新聞は、90日間、忙しく走り続けてきたパク・ヨンス特別検察官チームが27日、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相の「阻止」で強制停車したと報じた。特検チームは捜査期間の延長が拒否されたことについて、この日「遺憾」の意を明らかにしつつも、捜査期間終了日の28日、サムスン電子のイ・ジェヨン副会長(49・拘束)とチェ・スンシル氏(61・拘束起訴)など10人余りを最終的に起訴すると述べた。

特検代弁人のイ・ギュチョル特別検察官補はこの日午後の定例会見で「現在まで立件されたり告発された被疑者に対して起訴するかどうかを検討した後、明日最終的に一括処理する予定」とし、「10~15人を追加で裁判にかける」と明らかにした。特検チームはすでに金淇春(キム・ギチュン)元大統領府秘書室長とチョ・ユンソン前文化体育観光部長官など13人を裁判にかけ、12回にわたり起訴した人数は、歴代の特検のうち最多の20人以上に上るものとみられる。

昨年12月1日に発足した特検チームは「サムスン物産・第一毛織合併」圧力疑惑と関連してムン・ヒョンピョ前保健福祉部長官を拘束起訴し、文化芸術界「ブラックリスト」疑惑と関連して金淇春元室長とチョ・ユンソン前長官、キム・ジョンドク元文化体育観光部長官など7人を起訴した。 詳細はこちら


スポンサードリンク


【管理人コメント】
特別検事となる朴槿恵大統領の友人で民間人のチェ・スンシルが国政に介入し、国家政策や予算を牛耳って不正蓄財した事件の捜査担当がイ・ジェヨン副会長を捜査しているのは、イ副会長が朴大統領に強要されたとはいえ、見返りを期待して433億ウォン(約43億円)相当の賄賂を提供したとみているわけで、特別検事によると、容疑を裏付ける証拠もそろっているという。

見返りとは、サムスン物産の会社経営権で、2015年にサムスン物産と第一毛織が合併し、第一毛織の大株主だったイ副会長の株の持ち分を調整した。特別検事は、イ副会長が朴大統領に賄賂を渡し、朴大統領がサムスン物産の大株主である国民年金公団へ合併に賛成するよう指示を依頼し、イ副会長がサムスングループの経営権を世襲できるよう助けたとみている。国民年金公団は海外大手株主らが合併に反対する中、損失を知りながらイ副会長の肩を持った。その結果、国民年金公団の損失は5865億ウォン(約590億円)に上るという。

特別検事は賄賂供与以外に、「特定経済犯罪加重処罰法」上の横領、「犯罪収益隠匿規制及び処罰等に関する法律」違反、財産の国外逃避、国会での偽証の容疑についても、イ副会長の捜査を進めている。サムスン副会長も厳しい状態に立たされているわけで、半導体事業の好調裏にこうしたトップを含めた組織犯罪と政府トップの癒着が明確になれば、逃げ場を失う。中国における韓国企業からの半導体輸入で莫大な赤字を出しているわけで、中国のDRAMやフラッシュメモリー製造において、次第に準備が整えば、サムスン株主の動きは活性化し、サムスン離れになる可能性もある。

今のサムスンはスマホ事業縮小で、半導体事業主流であるから、その事業が脅かされれば、グループ内企業に影響を与えるわけで、サムスンの資金の流れが断ち切られれば様相は大きく変化することになるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月28日 10:16 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp