韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  三一節迎え、全国で「12・28『慰安婦』合意撤回」の声

三一節迎え、全国で「12・28『慰安婦』合意撤回」の声

「ハルモニ(おばあさん)売り渡したユン・ビョンセ外交部長官は辞任せよ」
「少女像の移転を要求した親日外交部は辞任せよ」

1日午後1時50分に釜山(プサン)東区(トング)草梁洞(チョリャンドン)の日本総領事館の近くの鄭撥将軍銅像前に約1000人の市民がプラカードを持って集まった。市民たちは三一節を迎えて開かれた「少女像を守る千の椅子」行事に参加し、主催側が用意した1000個の椅子に座った。椅子に座れなかった一部の市民は、立ったまま大会の開始まで待った。

午後2時に大会が始まると、歩いていた市民たちも足を止めて大会に参加した。大学生少女像守り役のYさん(21)は舞台に上がり、「最近、少女像近くの施設物に『日本愛』などの印刷物が張り出された。また、家具なども捨てられている。“悪い”人の目には少女像がゴミに見えるようで胸が痛む。屈辱的な12・28日本軍『慰安婦』合意を撤回するためにも、少女像は必ず守らなければならない。市民たちの力を貸してほしい」と訴えた。市民たちは拍手で応えた。


日本軍「慰安婦」ハルモニのための詩の朗読や公演などが続いた後、舞台から日本軍「慰安婦」被害女性が歌った「アリラン」が流れると、1000人を超える参加者は一斉に靴と靴下を脱いだ。そしては裸足でかかとをあげたまま1分間沈黙デモを行った。外交部と日本政府などの移転要求に対抗し、少女像を守るという市民たちの意志の表現だ。釜山女性会のチャン・ソンファ代表は「国民の名においての侵略と戦争犯罪を知らぬ存ぜぬで一貫する日本政府を糾弾する。ろうそくの名において悪い政府と悪い政策を正して弊害の清算を約束する」と話した。

約1000人の参加者たちは、日本総領事館を一周する平和行進をした後、午後3時50分に大会を終えた。釜山同胞一つ運動本部のキム・ミジン運営委員長は「釜山市民の力で少女像を建てたように、これからも市民たちと共に少女像を守っていく」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26671.html

【管理人 補足記事&コメント】
慰安婦問題日韓合意とは、日本軍の慰安婦問題を最終かつ不可逆的に解決するために行われた日本国政府と大韓民国政府との合意である。この合意の内容については、日韓で公式な文書を交わすことは行わず、日韓の両外務大臣が共同記者会見を開いて発表するという形式で実施している。拠出金は韓国政府によって設立された「和解・癒やし財団」によって慰安婦に現金支給され、生存する慰安婦のうち46人中36人が受け取りをしている。死去した慰安婦に対しては、35人の遺族が引き取りを表明した。

岸田文雄外務大臣は会談後、記者団にソウル日本大使館前の慰安婦少女像の扱いについて「適切に移転がなされるものだと認識している」とし、慰安婦問題に「終止符を打った」と述べたが、韓国政府は慰安婦少女像については「可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて、適切に解決されるよう努力する」と述べている。そもそも合意事項に慰安婦像の撤去がないのも事実。しかし何というのか日本政府は韓国政府の動きも韓国民の動きも想定していたはず。この国に何を語っても、条約で締結しても無理な国である。

韓国政府も韓国メディアも反日政策を継承している以上、70年たとうが、100年経過しようが、彼らには関係がないわけで、日本に無条件降伏した国が日本の敗戦とともに手の裏を返し反撃に転じても、自国崩壊しているようでは困りごとで、ほかにやるべきことがあるのではと思うが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月02日 10:25 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
連中は、ここまでやるんですよ。
ソウル日本大使館前の少女像
区の公共造形物として管理へ
朝鮮日報 [2017/02/28 09:33]
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/28/2017022800863.html
  ソウルの鍾路区は28日、 区の公共造形物管理に関する条例の改正案が区議会に提出されており 、 早ければ4月の本会議で可決されるとの見通しを明らかにした。 同区内の日本大使館前の歩道に設置されている旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が区の公共造形物して管理され 、 撤去する場合は所定の手順を経なければならなくなる。

(中略)

 そこで条例改正案では、 「公共施設に建立する銅像、 記念の塔、 記念碑、 環境造形物、 象徴の造形物、 記念の造形物」 などを 「公共造形物」 と明記し、 区が管理できるようにした。 管理についても、 対象の作成・設置・提出、 周辺環境の整備・維持、破損した場合の補修に必要な措置など、 具体的に記した。 さらに 、 主管部署で年1回以上、 状態を点検するようにした。

 公共造形物を移設したり撤去したりする場合は、 建立した主体にこれを通知し、 区の都市空間芸術委員会の審議結果に従うよう定めた。 これは、少女像が勝手に撤去されることがないよう、 一種の安全装置を設けたことになる。


記事中に

 「公共造形物を移設したり撤
  去したりする場合は、 建立
  した主体にこれを通知し」

 とありますが、 これは『挺対協』のことです。 区の条例が特定団体の利益に斟酌したかの内容で決議されようとしている。

 つうか議会が挺対協に鼻面取られて振り回されている、 区議会の決定である以上、 像撤去や移設は相当難しくなります。 つうか、 事実上不可能でしょう。 相手は挺対協、 北鮮ですから。

 こうなったら、 これを逆手に取るような方策を考えたほうが良くはないでしょうか? 例えば“国交断絶”するとか、 往来禁止にするとか。

 荒唐無稽カモだけも、 そのくらい考えてしまいます。

 駐南(韓)日本大使の帰国だけでは間尺に合いません。

 南鮮でも 「若い層は反日ではない」 とコメントされた方が居られましたが、 この一事を見ても、 愚生にはそうは思えない次第です。 薄い反日と先鋭化した反日は有るが、 反日の総量は変わらない。


[ 2017/03/02 13:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp