韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ネイバー「LINE」のAIプラットフォーム「クロバ」を公開

ネイバー「LINE」のAIプラットフォーム「クロバ」を公開

ネイバー・ラインの人工知能(AI)技術が集結されたAIプラットフォームが初めて公開された。両社は、携帯電話や家電メーカー、玩具メーカー、ホームロボットメーカーなどとのコラボレーションも予告している。AIプラットフォームを基に、アジアのコンテンツ生態系を再編できるかどうか注目が集まっている。

2日、ラインの出澤剛代表は、スペインのバルセロナで開催された「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2017」の基調演説で、ネイバーとラインが共同開発しているAIプラットフォーム「クロバ(Clova=CLOud Virtual Assistant、ロゴ写真)」を公開した。同日公開されたクロバは、AI秘書として開発していたネイバー「アミカ」のアップグレードバージョンだ。音声認識AIエンジン、ビジュアル認識AIエンジン、対話型エンジンなど、さまざまなAI技術が反映された統合AIプラットフォームだ。ネイバーの関係者は、「個別プロジェクトで研究していたAI技術が、クロバという名で統合される」と説明した。

同日出沢剛代表は、「現在、主に音声に焦点が合わせられている人工知能のプラットフォームからさらに進んで、幅広い感覚を認知する方向に拡張していく方針だ」と語った。クロバアプリケーション(アプリ)は早ければ来月、クロバが適用されたAIスピーカー「ウェーブ」と「フェイス」が韓日両国で、それぞれ今年半ばと末ごろに順次公開する予定だ。


ソニーとは携帯電話で、LG電子とは家電製品分野で協力することにした。ラインは、今年は十分なコンテンツを確保した韓日両国でクロバを披露し、徐々にアジアや世界へと市場を拡大していく方針だ。同日ラインは、クロバの活用幅を広げるため、日本のロボットメーカー「ウィンクル」を買収して子会社に編入させたと明らかにした。ウィンクルは、モノのインターネット(IoT)製品やホログラムロボットなどを製作する会社であり、クロバ基盤のAIホームロボットを開発するものとみられる。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/862181/1

【管理人 補足記事&コメント】
メッセンジャーアプリのLINEは、新たな戦略となるクラウドAI(人工知能)プラットフォーム「Clova(クローバ)」を開発し、搭載した製品としてスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を初夏に日本と韓国で発売する。Clovaは、親会社で検索ポータルサービスを韓国で展開するNAVERとの共同プロジェクトで研究し、LINEのコミュニケーション技術とNAVERの検索技術、両社のコンテンツ、サービスなどを活用して開発したという。

Clovaは人間の五感にあたる「Clova Interface」と頭脳に相当する「Clova Brain」を中核にする。Clova Interfaceの耳と口「Clova Voice」で音声認識・合成を行い、目にあたる「Clova Vision」が画像や顔を認識し、さらにClova Brainは自然言語理解、自然な言語翻訳処理などの機能を備えるとの事。また機器やアプリをつなぐツール「Clova Interface Connect」、Clova Brainの機能を拡張するため、「Clova Extension Kit」で構成するという。

WAVEは音声で会話ができ、ニュース、天気・占い情報、コマース、カレンダー、翻訳などのコンテンツサービスや、音声で家の電気のオン・オフなどをするホームコントール、音声専用コンテンツで読み聞かせるオーディオブックなどの利用が可能になる。LINEはClovaでソニーモバイルコミュニケーションズやタカラトミーなどとパートナーシップを推進することも公表した。Clovaを利用したさまざまなサービス・製品の開発を進めていくとした。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月03日 11:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp