韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子株価200万ウォン時代到来

サムスン電子株価200万ウォン時代到来

サムスン電子の株価200万ウォン時代が到来した。

6日、有価証券市場でサムスン電子の株価は1.16%(2万3千ウォン)上がった200万4000ウォンで取引を終え、史上最高値を更新した。取引中には201万1千ウォンまで沸き上がった。サムスン電子の株価が終値基準で200万ウォンを超えたのは今回が初めてだ。1月26日にも取引中に最高額の200万ウォンをつけたが、終値では199万5000ウォンを記録した。サムスン電子の発行済株式の時価総額(281兆9214億ウォン=27兆8000億円)は、コスピ(1346兆3550億ウォン)に占める比重も20.94%で最高を記録した。専門家たちは第1四半期の実績好転と今月末に公開予定のスマートフォン「ギャラクシーS8」に対する期待感が株価を引き上げたと分析した。

ハナ金融投資のイ・ジェマン・チーム長は「サムスン電子のイ・ジェヨン副会長拘束などの波紋は、株価が200万ウォンから180万ウォンまで押し戻された時にすでに織り込み済みだ。今は半導体好況サイクルなどファンダメンタルに集中する局面で、外国人投資家の視線は肯定的だ」と指摘した。これに先立ってサムスン電子は、昨年下半期のギャラクシーノート7生産中断事態を体験し、株価が動揺したが、以後は半導体好況などに力づけられ本格的な上昇局面に入り込み、連日高値を更新してきた。


この日外国人投資家はサムスン電子の株式を1376億ウォン分買い、4日連続で買い越し(4719億ウォン)を続けた。サムスン電子の株高に助けられ、コスピ指数は0.13%(2.61)上がった2081.36で締め切られた。

サムスン電子は1975年6月12日に株式市場に上場された。当日の終値は5905ウォンで取引量は40株に過ぎなかった。サムスン電子の株価が50万ウォンを超えた時点は、上場から28年が過ぎた2004年1月9日だ。その後100万ウォンを突破した時点は2011年1月28日で7年かかった。それから6年1カ月目のこの日、ついに200万ウォン時代が始まった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26716.html

【管理人 補足記事&コメント】
昨年はGalaxy Note 7の発火問題に続き、空前の大規模リコールを行った韓国サムスンを試練が襲っている。2月17日、韓国の特別検察官は事実上の同社のトップ、副会長の李在鎔を贈賄などの容疑で逮捕されたからだ。韓国では朴槿恵をめぐるスキャンダルが取り沙汰され、国民の政権腐敗に対する不満が高まるなか、李の逮捕は韓国最大の同族経営企業に根本的な変化をもたらすかもしれないとされていた。

だが、それはサムスンの経営にとって決して悪いことではないという指摘がある。調査会社Ovumのアナリスト、Daniel Gleesonは「李の逮捕によって、サムスンの企業構造を変えたいと願う投資家にとっては、願ってもないチャンスが訪れた」と指摘する。サムスンの株式の半分以上は海外の投資家が保有している。なかでも「物言う株主」として有名な米国のヘッジファンドのエリオットマネージメントは、これまで1年以上にわたり、サムスンは2社に分割されるべきだと主張していた。

エリオットの主張は、経営者一族が支配する持ち株会社と、サムスン電子の実質的オペレーションを担う事業会社の2社に分けるべきというものだ。エリオットは以前から「サムスンの企業統治は不必要に複雑だ」と主張している。分割によりサムスンの企業価値は上昇するとエリオットは提案を行い、サムスン側も昨年からこのプランの検討に入っていた。同社はまた、昨年11月に株主還元プログラムを発表。9兆3,000億ウォン(約9,000億円)の自社株を買い戻し、買い戻し株は消却すると述べていた。

サムスンの投資家の要望に応えようとする姿勢は昨年、60%以上の株価上昇をもたらした。これはアップルの同期間の上昇率の35%を大幅に上回っている。また、今年に入り、副会長逮捕への懸念が高まりつつある中であっても、サムスンの株価上昇は続いていた。逮捕が報じられた翌日にサムスン株は0.4%の上昇となった。「サムスンを分割に導くために、一連の騒動は絶好の機会を与えた」とOvumのGleesonは言う。一方で、半導体事業好調に加わり、スマホ事業が縮小しても、その代わりを十分に果たしている。

今回逮捕された李副会長が刑務所送りになり、経営に復帰できない可能性もある。しかし、それがサムスンの経営に影響を与える可能性は少ないということだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月07日 10:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp