韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  マイスター・特性化高校90人、自動車整備「ドイツの資格」取る

マイスター・特性化高校90人、自動車整備「ドイツの資格」取る

ドイツ政府とドイツ自動車会社が国内のマイスター高校・特性化高校(いずれも特定分野の専門職業人を育成する専門学校)の生徒90人を自動車整備専門家に育成する「アウスビルドゥング」(AUSBILDUNG)プログラムを国内に初めて導入する。

韓独商工会議所は6日、BMWコリア、メルセデス・ベンツコリアと共に韓国の高校生を選抜して自動車整備専門家に育成する「アウスビルドゥング」プログラムを導入すると発表した。アウスビルドゥングとは「職業教育」を意味するドイツ語で、仕事と学習を並行するドイツの職業訓練教育制度を指す。ドイツでは製パン、警察など350以上の職業群で施行されている。ドイツ政府・企業の主導で30カ国を超える地域でプログラムが運営されている。

今回導入されるプログラムは自動車整備専門家を育てる「アウトメッカトゥロニカ」(Auto-Mechatroniker)だ。特性化高校とマイスター高校の自動車学科在学生のうち90人を選抜する。選ばれた学生たちは、プログラムが実際に進められている斗源工科大学と麗州大学に在籍しながら実務教育(70%)と理論教育(30%)を3年間履修することになる。実務教育の際にはドイツ自動車メーカーの国内ディーラー会社との正式な労働契約を結び、給与をもらう。カリキュラムは企業と該当大学が協力して開発する。修了生は、ドイツ及びドイツ系企業で資格が認められる「アウスビルドゥング認証書」をもらい、修了後ディーラー社の採用機会も与えられる。


韓独商工会議所のシュテファン・ハルザ会長は「若者の失業率を減少させるために、労働市場の要求と求職者の専門性が一致するようにしなければならない」と述べた。プログラムの申請の説明会は今月18日と25日開かれる。問い合わせは韓独商工会議所で受け付ける。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26715.html

【管理人 補足記事&コメント】
ゲゼレとは、ドイツの職人プロとしてドイツにて3年~4年間の研修Ausbildung(アウスビルドュング)を経てドイツ語での試験に合格した方にのみ付与される国家資格。ドイツでは手工業だけでも41業種、工業系を合わせると350業種前後のスペシャリストを養成し国家資格『ゲゼレ(Geselle)』を取得を目指すための仕組みがある。

日本とドイツの職業分野での交流は35年以上前から続いている。ドイツの手工業分野での研修要望の声が多く寄せられ、1998年に「ドイツ日本人職人養成プログラム」をスタートさせた。2011年から新組織であるNGESがプログラムを運営している。これまでに100人以上の日本人職業訓練生が、目標であるドイツ職人試験に合格している。 その後ドイツで研修を継続し、マイスター資格を取得した修了生もいいる。

毎年熾烈な大学入試競争が繰り広げられているが、他国に比べると、韓国大卒労働者と高卒労働者の賃金格差はそれほど大きくない。雇用労働部の経済協力開発機構(OECD)の国際比較統計によると、比較対象としたOECDの31カ国の大卒以上の労働者と比べ、高卒労働者の賃金水準の差は平均「-56」を見せた。これは、高卒労働者の平均賃金を100とした時、大卒以上の労働者の平均賃金が156に達し、高卒よりも大卒の賃金が56%多いことを意味する。

韓国の賃金差は「-37」だった。これは、OECD平均にも満たない水準であり、OECDの31カ国のうち、大卒と高卒労働者の賃金の差が大きい順に表しても23位にとどまった。もっとも平均年収250万円の国である。中小企業雇用88%の国であり、大卒失業が多発している現状もある。実は韓国の年功序列型賃金体系を完全に享受を受ける中高年労働者のうち、高校を卒業した生産現場の生産職労働者は多い。また、高卒の生産職労働者たちは、熟練の技術に対する需要と強力な労組の影響などで、長期勤続を維持している場合が多いのも韓国の特徴と言える。

そういう意味では大学で幹部候補を育てる意味合いは少ないわけで、企業に特化したプログラムの実施は本来不可欠と言える。そもそも高卒を見直すとしたのはかなり前の話であるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月07日 10:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp