韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「すべての犯罪の中心に大統領がいる」とした特検の発表

「すべての犯罪の中心に大統領がいる」とした特検の発表


お勧め記事


朴槿恵(パク・クネ)大統領がチェ・スンシル氏と共謀してサムスン電子のイ・ジェヨン副会長から賄賂を受け取ったと、パク・ヨンス特別検察官チームが6日、捜査結果の発表で明らかにした。大統領の容疑はこれだけではない。大統領はサムスンを手助けするために、複数の部処(省庁)に不当な指示を出し、文化界「ブラックリスト」作成と実行を指示し共謀した。公務員らを叩き出し民間企業の人事に関与したのも大統領であり、国家機密文書の流出も大統領の指示によるものだった。国政壟断で行われたすべての犯罪の中心に大統領がいた。

何よりも大統領は収賄の核心被疑者だ。朴大統領とイ副会長、チェ氏は三角同盟を作り請託と見返り、支援を取り交わした。利害関係が合致したゆえに可能だった「不当取引」だ。特検は、ミル・Kスポーツ財団が大統領とチェ氏の利益のために設立された共同所有物だと判断した。英才センターやチョン・ユラ氏の乗馬訓練支援も、企業から金を集めるためのものだった。

大統領とチェ氏は共謀し、当時経営権の継承が急務だったサムスンから乗馬訓練支援、財団への拠出など、様々な名目で金を受け取った。433億ウォン(約43億円)あまりを取り交わすことを約束し、実際に渡した金も300億ウォン近い。代わりに、サムスンは大統領とイ副会長の単独面談などを通じてグループ経営権継承や支配構造の再編を手伝ってほしいとあらゆる請託をした。第一毛織・サムスン物産の合併割合の調整、新規循環出資の解消時に議決権の損失を最小化すること、金融持株会社への転換、中間金融持株会社設立立法、サムスンバイオロジクス上場支援、外国資本からの経営権防衛など、段階別に懸案がいくつもある。


スポンサードリンク


サムスンの請託を受け入れるために、大統領府はもとより保健福祉部、公正取引委員会、金融委員会、環境部、韓国取引所など、さまざまな部処と機関が動いた。そのように動員できる力を持つのは大統領だけであろう。実際、公取委が新規循環出資の解消のための処分株を半分に減らしたのは、大統領府の外圧のためだったことが明らかになった。国民年金公団が不公正な合併割合で数千億ウォンの損害が明らかに予想されるにもかかわらず合併に賛成したことも、やはり「大統領の指示」のためだった。サムスンバイオロジクスの上場のために、取引所と環境部が関連規定と環境規制を廃止したことにも大統領の指示があった。「できないことを可能にした」背景は、請託と見返りの賄賂関係以外に説明する術がない。
(略)
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26711.html

【管理人 補足記事&コメント】
ハンギョレ新聞によると、特検チームが把握した請託だけで6件に上ると報じている。最も代表的なのは2015年7月に行われた「サムスン物産と第一毛織合併」だ。サムスンはアン・ジョンボム元大統領府政策調整首席、ムン・ヒョンピョ前保健福祉部長官、国民年金公団の高位官僚を動員し、イ副会長に有利に合併が行われるように請託した。グループ系列会社が処分しなければならない統合サムスン物産株を1000万株から500万株に減らした。

イ副会長はサムスン生命を金融持株会社に転換するため、秘密裏に金融委員会に検討を要請もした。イ副会長などの大株主一家が個人財産を追加して使わず、2倍以上の議決権を確保できるようにすることが柱だった。金融委がサムスンへの特恵が懸念されるとして拒否の方針を明らかにすると、イ副会長は朴大統領に直接話をするなど請託の強度を高めた。金融委が再検討しても何度も反対の立場を固守すると、サムスンは結局、金融持株会社の推進を留保した。

またイ副会長が「看板事業」に推しているバイオ事業では、暗黙的な請託と特恵が行われた。韓国証券取引所は2015年11月に「年間営業益30億ウォン(約3億円)以上」という規定をなくし、赤字企業であるサムスンバイオロジックスが上場される道を開き、環境部はこの会社が生産する原料物質に対して「化学物質の登録および評価などに関する法律」による登録を免除した。

サムスンは2015年5月、MERS(中東呼吸器症候群)事態のときにサムスンソウル病院の初期対応の失敗に対する保健福祉部の制裁を弱めるため、チャン・チュンギ未来戦略室次長(社長)と監査院役員出身の顧問などを動員して動いた。福祉部は2016年1月、監査院から制裁措置の通知を受けても何の措置も取らず、昨年12月に特検捜査が始まった後になってサムスンソウル病院を医療法違反で警察に告発した。

イ副会長はまた、2015年7月の朴大統領との単独面談の際には、エリオットなど外国資本から国内企業の経営権を守るための制度的装置が必要だと請託した。エリオットはサムスン物産・第一毛織合併に先頭に立って反旗を翻した。金融委の証券先物委員会は昨年2月、エリオットの5%保有株の報告義務違反の事実を検察に通報した。

サムスンだけでも多数あるわけで、沈没事故に、朴槿恵大統領友人問題と、掲げればきりがないのだが、大統領に権限が集中すれば、財閥連中とてそれを悪利用するだろう。利用される朴槿恵自身にも恩恵があるわけで、不正政治を実施した割に、接待などは厳しく取り締まるアンバランスな法規制で首を絞める韓国である。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月07日 11:04 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
内乱寸前
ソウルのデモの衝突が内乱寸前という状況だから、
メディアが白黒決着を急いで、朴槿恵支持派の
押さえ込みに後押し。文在寅有力をみて、中国が
親韓をやめて反韓を強化したこと、金正男暗殺で
北は内部統治を強化したこと・・・北朝鮮が南に
攻め込む政治環境が整いつつある。

あとは、どこも韓国を軍事援助しないことを
見届ければだが、やっぱ米国がだまっていない。
[ 2017/03/07 12:20 ] [ 編集 ]
権力に目が眩んでるけど..
 ちょっと自分に都合がいい状況だと、すぐにデカい面をする。 誠に朝鮮人らしいと言えばらしいと感じますね。

 また、 特検の連中も、 次は左派政権になると診て、 早くも尻尾を振りだしたように愚生には見えます。 法規なんか在って無きが如くで、 この連中に法治主義は定着しそうもないですね。 今は勢いに乗ってる左派連中の天下で、 こうなると誰も逆らえない。 単純というか、 「力」 が全てなんでしょうね。 それが刹那的な力でも、 また、 邪な力で在っても。

 何れにしても、 底の浅い連中だなぁ~、 と感じた次第です。

 何れかのタイミングで、 今はブイブイ言ってる連中も、 ドンガラガッタと大コケにコケる時が、 必ず来るだろうと、 予想しておきます。

[ 2017/03/07 19:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp