韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国ではなく光州で反ロッテ活動を行う世間知らず

中国ではなく光州で反ロッテ活動を行う世間知らず

今月4日夜、韓国南西部・光州広域市のロッテデパート前でキャンドル集会が行われた。数百人の参加者たちは「ロッテは目を覚ませ」などと叫びながら、ロッテのマークやTHAAD(米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」)のイラストが描かれた横断幕を破り捨てた。

今、中国各地で行われている反ロッテ活動が韓国の大都市でも堂々と行われたのだ。しかもこの集会は突如ゲリラ的に行われたわけではない。集会の主催者団体は以前からTHAAD配備中断を自分たちが掲げる六つの懸案の一つとしており、先月もソウルと光州のロッテデパート前で同じような集会が行われた。彼らは今月1日には声明を発表し「権力と財閥の汚い癒着関係」などの言葉を使いながらロッテを攻撃した。このように彼らの考え方がいかにいびつなものかはその行動を見れば分かる。

現在、中国国内で営業停止処分を受けたロッテの店舗は6日の時点で20カ所に上っており、このようなロッテへの不当な仕打ちは今後もさらに深刻化するだろう。さらに中国人観光客の来韓ストップの影響も徐々に出始めているが、いずれにしても中国の狙いは明らかで、それは韓国国内において国民の間に不満や分裂を広めることにある。しかもこのような中国側の動きにキャンドル集会の中心勢力が忠実に従っている。日本が中国による経済面での報復に何度も苦しめられながらもこれを克服できた秘訣(ひけつ)は、最後まで「原則」を貫いたことにあり、また日本政府がそのようにできた理由は、落ち着いて忍耐を続けた日本国民がいたからだ。


キャンドル集会に参加する活動家たちは「THAAD配備を強行すれば、1500万本のろうそくの怒りが朴槿恵(パク・クンヘ)を乗り越えて韓米同盟に向かうだろう」と叫んでいる。ここまで堂々と本性を表せばもはや止めようもないだろうが、ただ韓米同盟が破棄されれば、彼らもこのような世間知らずの行動などできなくなることだけは知っておいてもらいたい。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/07/2017030700708.html

【管理人 補足記事&コメント】
中国云々の問題ではない。自国民が首を絞めているようでは、崩壊も時間の問題だろうか…。

ロイター通信は、 韓国企業が中国で圧迫されつつあるとし、韓国が米国製ミサイル防衛システムを配備したことへの報復と見られると報じている。これにより、中国は、対立する貿易相手国の企業利益を狙い撃ちする用意があることが浮き彫りになったとした。化粧品から、スーパーマーケット、自動車、観光に至るまで、韓国企業が現在直面している逆風は、より対決色の強い対中姿勢を示すトランプ政権下の米国企業にとっての潜在的なリスクを露呈している。

一方で韓国内でもロッテに対する反抗デモが実施されているわけで、反ロッテも加わり、THAAD反対の連中だけなのかも不透明に感じるが…。今後中国で本格化し、自国内で大統領弾劾にロッテとTHAADがごっちゃになって騒ぐのではと思うが、自国経済・社会もこれではどうなる事やら…。こうしている間に北は攻撃準備に専念しているのでは困りごとだろう~。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月07日 11:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp