韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  “欧州初”ドイツに像建てられた平和の少女

“欧州初”ドイツに像建てられた平和の少女

京畿道水原(スウォン)市民の寄付で作られた「平和の少女像」が、世界女性の日の3月8日午後3時(現地時間)、ドイツのレーゲンスブルク市近くのヴィーゼントに建てられた。これまでも米国など海外に平和の少女像が建てられてきたが、欧州に建てられるのは今回が初めてだ。

「平和の少女像」は水原市民が参加した「ドイツ平和の少女像水原市民建設推進委員会」(水原推進委)とドイツ現地の人たちが参加した「ドイツ平和の少女像建設に向けたドイツの建設推進委員会」(ドイツ推進委)が非人間的戦争犯罪で犠牲になった人々の魂を悼み、被害女性らの名誉と人権の回復に寄与しようという意味で推進された。水原推進委が水原市民の募金で3300万ウォン(約327万円)を集めて製作費を調達した。

平和の少女像が建てられたところはドイツ・フランクフルトから343キロメートル離れた南部バイエルン州レーゲンスブルク近くのヴィーゼントにある「ネパール・ヒマラヤパビリヨン(Nepal-Himalaya-Pavilion)公園」だ。世界水財団のヘリベルト・ヴィルト理事長が代表を務めているこの公園は、仏教を崇拝したヴィルト代表が2000年、ハノーバー博覧会に建てられたネパール館を当時500万ユーロで買い入れ、自分の土地2万4000坪に移転して造成したもので、ヒマラヤ山の花と木5千種を保有した世界最大のヒマラヤ植物庭園だ。

除幕式には14歳で日本軍慰安婦として連れていかれて、苦難を強いられた被害者ハルモニ(おばあさん)のアン・ジョムスさんも同行し、水原推進委のファン・インソン常任共同代表、社団法人水原民主化運動継承事業会のイム・ナムギュ理事長、光復会のス・ウォンジ会長、水原牧師連帯のイ・ジョンチョル代表、スサン僧侶(大乗院の住職)、共同執行委員長であるイ・ジュヒョン牧師(梅原メソジスト教会)、水原市家族女性会館のファン・ウィスク館長と水原市企画調整室のパク・フンシク室長、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)のハン・グクヨン共同代表などが参加した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26752.html

【管理人 補足記事&コメント】
2013年度の全25カ国を対象にした同アンケートを見ると、日本人の韓国に対する評価は、肯定派19%、否定派28%。どちらでもないと考えている層が過半数を超えており、“嫌韓層”ともいえる否定派は、2割台にすぎなかった。韓国否定派が約5割のフランス(47%)やメキシコ(45%)、4割のカナダ(41%)やイギリス(40%)と比較すると、日本人の韓国に対する評価は、相対的に悪くない。もっとも最近では様相は違ってきていると思うが…。

最も韓国を否定的に評価した国はどこかというと、2位フランスに大差をつけ、否定派65%のドイツである。なぜドイツは、それほどまでに韓国を嫌うのか…。ドイツ留学経験を持つある韓国人は自身のブログで、「ドイツの人たちはとても秩序があり、規則的。それに比べて韓国人は、無秩序で、ラフな人が多い。私たちは、我の強い国民性をどんなときでも堅持する。さらに、自分たちの非を直そうとしないから嫌われていると思う」と理由を分析している。

韓国は1960年代、ドイツの協力を受けて経済発展を実現し、90年代後半IMF経済危機に陥ったときも、ドイツに大規模な経済使節団を派遣し援助を受けている。最近ではグローバル事業を展開する韓国企業が増え、ドイツの輸出業を脅かしているわけで、ドイツからすれば恩を仇で返されたと言える。

昨年9月には旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像の設置計画を進めていたドイツ南西部フライブルク市は、25日までに少女像の設置断念を決めた。設置を持ち掛けた姉妹都市の韓国・水原市に断念する意向を伝えている。韓国の元慰安婦支援団体によると、少女像は韓国内の40か所前後のほか、国外では米国、カナダ、オーストラリアの3か国計4か所にある。慰安婦問題に関する日韓合意が締結されたにもかかわらず、韓国はいまだ慰安婦像を世界中の都市に建立しようと躍起になっている異常な国である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月10日 09:30 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
どうしようもない国・民族です
 何回、同じ手を使ってユスリタカリをすればいいんですかね、どうしようもない国・民族です。
 ユスリタカリと分かっていながら、彼の国のシツコサに負けて対応してきた日本政府も悪かったと思います。
 煩いから黙らせろと言うアメリカの指導に従わざるを得なかったこともあったかとは思いますが、今後はキチンと反論し、毅然と対応して頂きたいものです。

 ところで、彼の国民の遠征売春婦は、日本でも有名なようですが、アメリカ・カナダ・オーストラリア・・・と多くの国から聞こえてきます。
 それにしても、売春が合法のドイツに像を建てて如何しようと言うんですかね。
[ 2017/03/10 10:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL