韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米、韓国産変圧器に前例ない“反ダンピング関税爆弾”

米、韓国産変圧器に前例ない“反ダンピング関税爆弾”

米商務部が韓国産の大型変圧器に対する反ダンピング最終判定で、再審予備判定に比べて何と20倍さらに上げる“関税爆弾”を投じた。「米国産を買え」として自国産業保護を叫んできたトランプ発保護貿易の最初の弾丸が韓国産変圧器に向けて激発されたと見られている。

9日、韓国貿易協会と関連企業等の説明を総合すれば、最近米国商務部は現代重工業製の中大型変圧器(60MVA超)に61%の反ダンピング関税再審最終判定を下した。商務部は昨年9月、再審予備判定で現代重工業3.09%、日進電気2.43%、暁星1.76%の反ダンピング関税を決めた。今回、現代重工業の反ダンピング関税率が20倍跳ね上がったわけだ。暁星と日進電気はそれぞれ2.99%を賦課された。反ダンピング関税は、輸出国の市場価格より安く輸出して輸入国の産業が被害をこうむった時、その価格差(反ダンピングマージン)相当を関税として賦課する制度だ。

予備判定と最終判定の間の反ダンピングマージン(関税)にはしばしば調整がある。例えば、昨年の冷間圧延鋼板の反ダンピング調査事件の場合、現代製鉄に賦課された関税率は予備判定(2.17%)と最終判定(34.3%)の間に大きな差があった。しかし、反ダンピング最終判定以後にこれの適正性を巡って毎年再び開かれる例年再審で関税率がさらに高まることはきわめて異例だ。再審では賦課率を下げるのが不文律のようになっている。貿易協会関係者は「通常は予備判定と最終判定のダンピングマージン率に差があっても、今回のような20倍は前例がない」と話した。


スポンサードリンク


今回の事件は2011年に米国の変圧器メーカーが韓国の輸出業者を提訴して始まった。米商務部と国際貿易委員会(ITC)が調査に入り、2012年の最終判定で現代重工業(14.95%)、暁星(29.04%)、日進電気・LS産電(各22.0%)とすることで反ダンピング関税が確定した。続いて2013年からは毎年再審が開かれて、既存最終判定が修正されたが、再審の度に関税率が下がり昨年9月の再審では現代重工業3.09%、暁星1.76%、日進電気2.43%になった。トランプ行政府がスタートして以後、今回突然に爆弾を見舞われたわけだ。韓国企業の米国向け変圧器輸出額は年間2億ドル(約230億円)に達する。現代重工業は「納得できない。米国際貿易裁判所への提訴など異議申し立てを行う方針」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26749.html

【管理人 補足記事&コメント】
米国では1960~70年代につくられた変圧器が更新期を迎えているわけで、オバマ大統領のグリーン・ニューディール政策で風力発電所の増設が進む中、2011年から変電所と変圧器の需要が高まっている。三菱電機は、米国に電力用変圧器の工場を建設した。投資額は約180億円。米国では老朽化した発電所の更新や風力発電所の増設が進み、変圧器の需要も膨らむ見通しとした。現地生産で輸出コストを抑え、先行する欧州や韓国勢に対抗する。変圧器事業の世界での売上高も、2015年度に現在の1.5倍の500億円以上に増やすとした。

変圧器の北米市場ではスイスABBと独シーメンスが高いシェアを持つが、三菱電機では現在の5%のシェアを15年度には20%以上に増やすとした。海外勢では韓国の現代重工業も工場を建設している。とはいえ韓国の現代重工業が輸出する大型変圧器に61%の反ダンピング関税を適用する最終決定を下したにはアメリカの事情があるわけで、2012年にも反ダンピング関税をうけている。自国工場建設でというトランプ大統領の考えとは裏腹に、韓国産は現代重工業、暁星、イルチン等があるわけで、当然目をつけられるだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月10日 11:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp