韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ポスコ会長「米が厚板にも反ダンピング関税課すならWTOに提訴」

ポスコ会長「米が厚板にも反ダンピング関税課すならWTOに提訴」

鉄鋼大手ポスコの権五俊(クォン・オジュン)会長は、今月末に予定されている米政府の韓国製厚板最終関税の決定によっては世界貿易機関(WTO)提訴も検討すると明らかにした。

権五俊会長は10日の株主総会で再任が確定した後に記者懇談会を開き、「米商務省から昨年、輸出用熱延製品に対して60%台の反ダンピング関税を課せられたが、これは事実上、輸出するなということだ。11月の年次再審が残っている状態だが、もし厚板にも熱延のように60%前後の関税が課せられることになればWTOに提訴する」と述べた。米商務省は昨年11月、ポスコの厚板製品に対して6.82%の反ダンピング予備関税賦課を決定した。同会長はさらに、「一日も早く米ワシントンに通商事務所を設立し、世界的なコンサルティング会社や法律事務所と協力して常時対応できるようにしたい」と語った。

ポスコは同日、定時株主総会と取締役会を開き、権五俊会長を任期3年の代表取締役会長に決めた。また、チェ・ジョンウ副社長を代表取締役社長に昇格させ、金信培(キム・シンベ)元SKグループ副会長、チャン・スンファ・ソウル大学法学部教授、チョン・ムンギ成均館大学経営学部助教授を社外取締役に選任した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/11/2017031100421.html

【管理人 補足記事&コメント】
鉄鋼関係者によると、米商務省は2日、韓国製厚板(厚さ6ミリメートル以上の鉄板)に対する反ダンピング関税予備判定を下した。現代製鉄に対しては2.05%、東国製鋼に対しては1.71%を課すことを決めた。米商務省は昨年11月、ポスコの厚板にも6.82%の反ダンピング予備関税を課している。今後は該当企業の異議申し立てや米商務省の再審などを経て、反ダンピング関税率が最終決定する。米国は先月28日、韓国製燐(リン)銅(銅に燐を加えた合金)にも8.43%の反ダンピング関税を課す最終判定を下した。これは昨年10月の予備判定時に示された3.79%の2倍を上回る税率だ。

米では昨夏から熱延、冷延、表面処理鋼板の薄板類で相次いでAD調査が始まり、昨年9月までに米国際貿易委員会が「クロ」を最終決定した。主だった輸入相手国にはAD措置が適用され、このうちホットと冷延は日本も対象に含まれている。 主要国からの輸入材が軒並みAD措置で締め出されたことで、代替の輸入先としてベトナムが台頭。米国鉄鋼協会によると、越からの鉄鋼輸入量は7月が6万4千ネットトン、8月には10万7千Nトンと中国やブラジルをも上回った。米の月次輸入で越からが10万トン台に達するのは初と見られる。

米ミル側は、中国から安価なホットコイルを輸入し、これを原板として冷延や亜鉛めっき鋼板を造った越の薄板リローラーが対米輸出を増やしているのは「迂回輸出」にあたると主張している。日本からの異形棒鋼の輸出量は、普通鋼ベースで2015年は41万9千トン。このうち米国向けが細物を中心に22万5千トン、カナダ向けが2万トンだった。14年の輸出量は19万7千トンで、うち米向けが8万トン、カナダ向けが皆無だったことから、増勢が目立っていた。米向けは16年1~7月累計でも21万トンと、すでに昨年の1年分にほぼ匹敵している。

セーフガードは、輸入国に問題があるために発動される。自由貿易に向かうことにより、輸入国は比較優位に基づいた産業構造に変化してゆく。比較劣位産業が衰退し、人や資本が比較優位産業に移動してゆく。しかし、この構造変化に時間がかかり、大規模な摩擦的失業などが発生する場合は、非効率な状況をもたらし人々に痛みを強いることになる。これを避け、変化を緩やかにスムースに行うための時間稼ぎがセーフガードの目的である。一方で、アンチダンピングや補助金相殺関税は、輸出国や輸出国企業に問題があるために措置される。

アンチダンピングは、WTOの条文の中において輸入国産業に損害を与えるかその恐れのあるダンピングは「非難されるべきもの」と書かれている。ダンピングをする輸出企業が問題視されるという事だ。関税はダンピングが解消されるような課税により価格を調整することで輸入国の産業を保護し、輸出国企業にダンピングを止めるインセンティブを与えるとしている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月11日 11:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL