韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、ハーマン買収完了…「完成車メーカー最高のパートナー」

サムスン、ハーマン買収完了…「完成車メーカー最高のパートナー」

サムスン電子が11日、米国のオーディオ・自動車部品会社であるハーマンの買収を完了した。

サムスン電子は昨年11月14日ハーマンと買収契約を締結した後、ハーマンの株主総会承認と米国をはじめとする10の反独占審査対象国の承認など、買収に必要なすべての手続きを終えたと発表した。自動車電装部品方面を新しい成長の主要ビジネスと判断したサムスン電子は、ハーマンの買収に80億ドル(約8900億円)を投資した。最近イ・ジェヨン・サムスン電子副会長が拘束されたことにより、当分の間はサムスン電子でハーマンより大きな規模の買収合併の取り引きはないものと見られる。従来のハーマン株主らは保有株式1株当たり112ドルの現金を受け取り株式を売り、サムスン電子は米国法人がハーマンの持分100%を保有することになる。

ハーマンはコネクテッドカー用のインフォテインメント(Infotainment)、テレマティックス(Telematics)、セキュリティ・OTA(Over The Air、無線通信を利用したソフトウェアのアップグレード)ソリューションなどの電装事業分野のトップ企業として、売上は70億ドルに達するとサムスン電子は明らかにした。コネクテッドカー分野は毎年9%成長し、2015年に450億ドル規模から2025年には1000億ドル規模の市場になるという予想が出ている。

サムスン電子のソン・ヨングォン戦略革新センター(SSIC)社長兼ハーマン理事会議長は「サムスン電子とハーマンはオーディオ、家電、スマートフォンなど多様な分野で技術と経験を共有することで、コネクテッドカー分野の技術革新を先導し、完成車企業の最高のパートナーになるだろう」と話した。 ハーマンはデニーシュ・パリワール社長をはじめとする現在の経営陣によって独立的に経営され、役職員と本社・国外事業場はもちろん、ハーマンが保有したブランドもそのまま維持する計画だとサムスン電子は明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26772.html

【管理人 補足記事&コメント】
ハーマンは世界25か国に拠点を置く大手オーディオメーカーで、今彼らが注力しているのは意外にも「コネクテッド・カー」である。ハーマンの事業領域は次の4つに分かれる。「ライフスタイルオーディオ部門」「コネクテッドカー部門」「コネクテッドサービス部門」「プロフェッショナル・ソリューション部門」。ハーマンで最も売上が多いのは、「コネクテッド・カー部門」なのです。過去12か月間の売上高は約3300億円に達する。

自動車向けのインフォテイメント製品市場でハーマンが高いシェアを誇る。インフォテイメント製品とは、簡単に表現すれば高機能なカーナビです。車内で音楽や映像を楽しんだり、ナビゲーション機能を利用したり、インターネットに繋いだり、スマートフォンと連携してハンズフリー通話が可能だ。アップルの「Car Play」もインフォテイメントシステムの一種。ハーマンは海外で早くからインフォテイメント製品を製造・販売している。2015年には2つのIT企業「シンフォニー・テレカ」と「レッドベンド」を買収。これをきっかけに、従来のインフォテイメント部門を、現在の「コネクテッド・カー部門」へと名称変更した。

一方、トヨタは本格的なコネクテッドカー時代に向けて展開を加速するべく設立されたのがコネクティッドカンパニーである。従来は分かれていた、戦略企画、車載機開発、インフラ開発などの組織を集約し、コネクテッド商品の開発から、ビジネスイノベーション、新事業確立までを一貫した戦略で推進する体制となった。マイクロソフトと共同で、市場で走行する車両から得られる情報の集約と解析、その結果の商品開発への反映を目的とした新会社であるトヨタ・コネクティッドも設立している。

次世代の車載情報機器OSとして、オープンソースのAutomotive Grade Linux(AGL)を採用する方針を示した。AGLには、トヨタ自動車の他、マツダ、ホンダ、富士重工業、フォード、日産自動車、ジャガーランドローバー、三菱自動車といった大手自動車メーカーをはじめ80社以上が参加している。また、スマートフォンとの連携基盤については、フォードが提唱するSmart Device Link(SDL)を採用する予定だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月13日 10:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL