韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  観光・消費財など韓国の532企業「中国のTHAAD経済措置に否定的影響」

観光・消費財など韓国の532企業「中国のTHAAD経済措置に否定的影響」


お勧め記事


コンテンツ・観光・消費財に関わる532の企業が、最近の中国による経済措置のために否定的影響を受けていたり、今後3カ月以内に影響を受けると憂慮した。

韓国貿易協会は12日、中国向けのコンテンツ・観光・消費財に関連する企業を対象に行った「中国のTHAAD関連経済措置にともなう被害」緊急アンケート調査に答えた597企業の回答を分析した結果、否定的回答をした企業が89%に達したと明らかにした。現在影響がなく、将来にも影響がないだろうと答えた企業は65社(10.9%)だった。

中国側の措置が通商法規上の正式措置である“メジャー”(measure)に該当するかが不明確な多様な方式を使用中である点も再確認された。現在被害を受けていたり、今後予想される被害の類型を尋ねる質問に207社(39.7%)が「審議や許認可の遅延」と答え、190社(36.4%)は「予定された行事の延期」と答えた。「韓流コンテンツの活用中止圧迫」を加えられるという会社も96社(18.4%)あった。韓国政府が韓中自由貿易協定(FTA)履行委員会への異議申し立てや、世界貿易機構(WTO)提訴などの手続きを踏むためには、まず現在中国の制裁が通商法規上の“メジャー”に該当するか否かを立証しなければならない。


スポンサードリンク


また、ほとんどの企業は報復の長期化を憂慮した。THAAD関連措置の予想持続期間を問う設問に、今年上半期で終わるだろうと答えた企業は77社(13.6%)で、460社(81.1%)は「今年下半期~2018年下半期」と答えた。現在被っている被害を含めて予想される被害規模が100万ドルを超えるだろうと答えた企業も11.5%を占めた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26769.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、中国は昨年、全世界から1兆5228億ドルの輸入を行ったとし、韓国が1587億ドル(10.4%)で最大と報じている。そのうち78%は中国が輸出製品を生産するのに必要な部品・素材などの中間財だとした。韓国からの半導体、ディスプレーなどの部品輸入が絶たれれば、中国の輸出も少なからぬ打撃を受ける。中国の韓国に対する投資規模は13年の4億ドル台から15年には19億ドル台へと急増している。この間中国の海外投資に占める韓国の割合は3.3%から9.5%に上昇した。韓国の対中投資は中国の対韓投資の2倍の43億ドル(15年)に達する。

中国に進出した韓国企業は4万社以上に達し、相当数の現地人を雇用している。LG電子の中国法人は従業員数が3万2000人に達し、ポスコの中国投資会社も従業員数が2万人いる。経済官僚幹部は「中国が韓国に深刻な打撃を与えようとしたならば、韓国の主力輸出産業である半導体や自動車をターゲットにしただろうが、韓国産半導体の輸入が絶たれてしまうため、大規模な制裁を加えることはできないのではないか」と指摘している。だが、韓国もそのもととなる日韓貿易が立たれればとどめ打ちとなる…。中国は代替え国もあるわけで、制裁を本格化するならば可能だろう…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月13日 10:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp