韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人観光の急減に伴い航空会社も中国路線を一斉に減便

中国人観光の急減に伴い航空会社も中国路線を一斉に減便

THAAD(高高度防衛ミサイル)配備に伴う中国の経済報復措置により、中国人の旅行需要が減少したことを受け、韓国の航空会社らは来月まで中国路線の運行を一時的に減らすことにした。

大韓航空は今月16日から来月23日まで、中国発の予約率が低迷した8つの路線の運航を合わせて79回(往復基準)減便すると、14日発表した。これは同期間の中国全体における大韓航空の定期便運航(1200回)の6.5%に当たる。減便路線は仁川(インチョン)~合肥(16回)▽仁川~大連(16回)▽仁川~北京(14回)▽釜山(プサン)~上海(6回)▽清州(チョンジュ)~杭州(8回)などだ。大韓航空は「THAAD配備の影響で、中国発の需要減少が確実な状況で、予約率が低迷する一部路線を一時的に減便することになった」と明らかにした。

アシアナ航空も15日から来月30日まで中国の12路線の運航を合わせて90回(往復基準)減らす。仁川~大連(16回)▽仁川~桂林(21回)▽釜山~北京(16回)など3つの路線を減便する。仁川~濟南(10回)▽北京~清州(8回)▽務安(ムアン)~北京(8回)の3つの路線は全体運航を中断する。

格安航空会社(LCC)らも一斉に中国路線の減便に乗り出した。ジンエアーは今月20日から来月30日まで済州(チェジュ)~上海路線の運行を週4回に減らして、済州~西安路線は運行しない。ティーウェイ航空は済州~南寧(週3回)、仁川~威海(週4回)など5つの路線で運航を一時中断する。イースター航空は、清州~瀋陽、清州~寧波、済州~泉州路線を今月15日から来月30日まで、清州~ハルビン路線を今月26日から来月30日までそれぞれ運航中止する。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26795.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国観光公社によると昨年韓国を訪れた外国人観光客1724万1823人のうち中国人観光客は806万7722人で46.8%を占めている。 中央日報は、大邱市は、インドネシア(約2億5800万人、世界人口5位)、フィリピン(約1億人、12位)、ベトナム(9500万人、15位)など人口が多い東南アジアの国にノービザ入国を認めるよう中央政府に建議することにしたと報じている。現在マレーシア、シンガポール、タイ、台湾などは90日間のノービザ入国が認められるが、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマーなどはビザなしで入国できない。 大邱市関係者は「中国人観光客離れで観光業界への打撃が懸念されるだけに東南アジアの人口大国に対するノービザ入国が観光客誘致につながるだろう」と話す。

「パスポートの所持者の身分は、身分事項ページにある通り、日本政府(外務大臣)が証明する趣旨である一方、ビザは、基本的に自国への入国を希望する外国人に対して、政府が自国に入国するに相応しいか否か、予備審査に合格した証として与えるもので、日本の場合は、外務省が発給しますが、入国を許可するものではない。入国許可を与えるのは、入国審査官で、法務省の管轄となる。審査の過程では、犯罪暦や所得額など自国の基準を適応することが可能となる。外国に対して、ビザを免除するということは、その国が発行したパスポートを信じ、自国の基準に則った予備審査を省略するということで。デメリットは、犯罪暦のある外国人が入国し、治安が悪化し、低所得者が入国し、不法就労(結果として違法滞在に繋がりやすいく、国内雇用が悪化する懸念が高まる事になる…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月15日 10:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL