韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相、日本版「チェ・スンシルゲート」で支持率大幅下落

安倍首相、日本版「チェ・スンシルゲート」で支持率大幅下落

日本の政局を揺るがしている「森友学園スキャンダル」が、安倍晋三首相の支持率を揺さぶっている。安倍首相の3連投を可能にした自民党党規改正に対する世論も賛否意見が拮抗している。朝日新聞が14日に公開した3月世論調査結果によれば、安倍政権の支持率は前月より4%ポイント下がった52%を記録した。前日の毎日新聞世論調査でも前月より5%ポイント下がった50%であった。

支持率の急落には、安倍首相の不誠実な態度も一役買った。学園側が子供たちに日本軍国主義教育の象徴である教育勅語を暗唱させるなど「極右教育」を受けさせたり、安倍首相の夫人である昭恵氏が新設予定の小学校の名誉校長を引き受けるなどの癒着疑惑が絶えず提起された。しかし安倍首相は「妻は私人」とし自身との関連性を否定したり、野党の真相調査要求も皮肉たっぷりな態度で握りつぶしてきた。朝日新聞の調査によれば、国民の81%が鑑定価格より8億円も安く土地を購入した森友学園の取引に対して「妥当でない」と答え、「適法な取引」という政府の説明に対して71%が「納得できない」と答えた。

さらに自民党総裁の任期を「2期6年」から「3期9年」に延長した5日の党規改正に対しても、世論は予想以上に冷たかった。毎日新聞は14日「安倍首相の3連投」に対する質問に、賛成と反対が45%対41%だったと伝えた。「安倍一強」体制の自民党で圧倒的賛成により改正案が通過したこととは相当な温度差が見られる。他の新聞の調査ではあるが、森友学園スキャンダルが本格化される前の先月24~25日、日本経済新聞の「3連投賛成」63%の調査とは相当な差がある。

日本のマスコミは、安倍政権の看板政策であるアベノミクスが結局失敗に帰したという傾向が確認されれば、来年9月の3連投のための党総裁選挙を控えて、安倍政権の支持率が急落しかねないという展望を出し始めた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/26790.html

【管理人 補足記事&コメント】
最近のハンギョレ新聞もレベルが低い。日本版「チェ・スンシルゲート」というが、まるで意味が違うわけで、何とも強引な結びつけと言える。さらにアベノミクスが結局失敗に帰したという傾向が確認されれば、というのだが、アベノミクスは単に金融政策でしかないわけで、失敗だの成功だのと語るレベルのものでは無い。

一方、政治と金の問題は常について回る問題となるわけで、これはシステムが悪い証拠と言える。政治資金においても、資金集めのパーティーにおいても、都合の良いルールでごまかしているのは事実。しっかりとしたシステム構築は不可欠と言える。

安倍首相は「妻は私人」と言う部分では大いに報じるべきだろう。私人が総理とともに世界を駆け巡るわけがない。ファーストレディーの役目は大きいわけで、そちらの事を問題視するべきだろう。最近の自民党も野党の低レベルでやりたい放題ではあるが、人材のレベルは低いままであるから、そろそろカツを入れる時期でもある。しかしながら、だらしない今の野党では無理であるから、日本国民の厳しい目で政治を見極める必要があるのだろう…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月15日 10:31 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(4)
怠慢な国会議員こそ問題だと思います
 国会議員たるものが、森友学園程度のことを問題にして騒ぎまくっているのは如何なものでしょうか。

 このような問題は、国会の場ではなく、現行法令の下で行政サイドで対処できる案件だと思います。
 もし、現行法規の下で行政サイドが解決できなかったら、法律改正等で国が支援すべきことだと思います。

 本来行政サイドが行うべき仕事に、国会議員が恥ずかしげもなく得意満面に横槍を入れているのには呆れてしまいます。
 こんな状況では、行政サイドとしても良い仕事はできないと思います。

 世界が混乱している困難な時期、国の在り方をシッカリ審議し、国民が安全に安心して暮らせる日本を目指すのが国会議員たるものの職務だと思います。

 行政の仕事に横槍を入れ、本来の職務を放棄している怠慢な国会議員こそ問題だと思います。
[ 2017/03/15 11:06 ] [ 編集 ]
追加です
 国会議員による行政苛めは、行政の機能破綻の元です。

 行政苛めを旨とする民主党が政権を握っていた頃の行政麻痺は酷いものでした。
 中でも震災復旧は、政府と行政に信頼関係が無かったため、遅々として進みませんでした。

 本格的な震災復旧工事が始まったのは、自民党政権に代わって行政との信頼関係が回復してからでした。

 国会議員が、国民のことを考えない的外れな自己都合ばかり主張していると、彼の国メディアの良い餌食になるようです。
 もっとも、彼の国メディアも自己都合ですから、「安倍首相、日本版「チェ・スンシルゲート」で支持率大幅下落」と、何時ものように的外れな記事を書いて喜んでいる訳ですが。
[ 2017/03/15 14:41 ] [ 編集 ]
あの報道が..
 安倍政権にマイナスに作用しているのは確かですよね、 改めて野党とマスコミはグルなんだと認識しました。

 まぁ、 関東で見聞きしている限り、 籠池なる人物は無茶苦茶に思えます、 地元の感触はわかりませんから。

 ただ、 そんな人物であることも、 こんな報道でもない限り知る由もないとも思う、 安倍首相夫妻も、 稲田防衛相も認識していたかどうか疑問、 国政レベルの政治家の口利きは無いと思います。 財務省に弱みを握られるような事はしないでしょうから。 単に支持者に対する普通のサービスをしていただけかと。

 但し、 個人的には、 以前から稲田朋美氏が防衛相では力不足なように感じています。 防衛相は、 いや防衛相こそは、 もっと力量のある人物をあてて欲しいと願う次第。
[ 2017/03/15 19:25 ] [ 編集 ]
追伸。
 覚えて居られる方もいらっしゃると思うのですが、 この 「森友学園問題」 が出る遥か以前から、 愚生は、 稲田朋美氏が防衛相で在る事に疑問を感じていました。 このブログでも、過去にも何度かコメントしています。

 保守思想に対する、 その想いはともかく、 その実力、 技量に疑問が在るのです。

 中谷元氏や、 小野寺五典氏が防衛相であった時には感じなかった不安が、 稲田朋美氏が防衛相に就任した当初からつきまとうのです。

 国会での答弁にしても、 こんなアホな愚生でさえも、 あんか野党如きに言質を取られるような答弁はしないと思います。 本当に弁護士であったのか? それにしては、 話の語彙も組み立ても貧しく思えます。山本太郎ごときに、 あんな生意気を言わせるようでは拙い。

 この機を狙って売名を目論むかのようなノンフィクション作家などと言う怪しい輩まで現れました、 異論は在ると思いますが、 籠池氏が相当なタマで在るのは事実と思えます。

 そんな連中に逆手を取られて、 大事な政局を棒に振るような事が在ってはならない、 野党は国会中継を意識して、 非常に浅いレベルで与党批判を繰り広げ、 また、 国会中継を見る層の多くも深くは考えず、 表面的な事象に対して忌避感を感じるように思え、 実際、 野党の狙いはそこにある。

 左翼の常套手段ですね。部分部分を切り取って、 全体を明かさない。 そして、 その作戦はしばしば有効だったりする。

 愚生は、 埼玉県の片隅でヤキモキしています。 自民党にはどうか、 防衛相にはもっと実力の伴った人事をしていただきたいと願います。
[ 2017/03/16 08:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL