韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  海軍力を誇示する日本、ヘリ空母「いずも」を南シナ海へ

海軍力を誇示する日本、ヘリ空母「いずも」を南シナ海へ

「ヘリ空母」といわれる日本の護衛艦「いずも」が、今年5月から8月にかけて、南シナ海の領有権をめぐって中国と対立している国々を回りつつ米国・日本・インドの年次合同演習に参加することを計画しているという。ロイター通信が14日に報じた。米国CNNテレビも「国防総省の消息筋が、こうした計画を確認した」と伝えた。「いずも」は、第2次大戦後に日本が保有した中では最大規模の戦闘艦で、有事の際には空母として活用できる。

「いずも」の南シナ海投入は、日本にとって戦後最大規模の海軍力誇示になる見込みだ。中国は昨年12月から今年1月にかけて空母「遼寧」機動部隊を南シナ海へ送り、軍事演習を実施した。米国も今年2月から1カ月近くにわたり、空母「カール・ビンソン」を問題の海域に投入した。

報道によると、海上自衛隊の「いずも」は5月からシンガポール・インドネシア・フィリピン・スリランカを順次訪問した後、7月にはインド洋で行われる米印海軍との年次合同演習「マラバール」に参加する。この過程で、東南アジア諸国が中国と領有権をめぐって対立している南シナ海を通過する-とCNNは伝えた。またロイター通信は「自衛隊は、今回の長期航海を通して、『いずも』の能力をテストしつつ南シナ海で米海軍と共に訓練を行う予定」と報じた。


自衛隊の艦艇が南シナ海で訓練を行うこと自体は、初めてではない。しかし「いずも」は事実上空母に相当するという点から、これまでの自衛隊の艦艇とは存在感が異なる。全長248メートル、全幅38メートルの「いずも」は、米国の原子力空母や中国初の空母「遼寧」よりは小さい。しかし、英国・イタリア・スペインなど欧州諸国が有する空母よりは大きい。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/15/2017031501136.html

【管理人 補足記事&コメント】
「いずも」は昨年3月に就役したばかりの、全通飛行甲板を持つ航空母艦。海上自衛隊の航空母艦としては、「ひゅうが」「いせ」に続く3艦目。そして「いずも」は「ひゅうが型」に比べてひと回り大きく、自衛隊最大の艦艇でもある。海上自衛隊における「護衛艦」とは、水上を航行する戦闘能力を有す艦艇に与えられる艦種であり、一般的には「軍艦」ないし「戦闘艦」に該当する用語となる。主な艦載機はSH-60J/K「シーホーク」哨戒ヘリコプターで、3機を同時に発着艦させる能力を有すほか、飛行甲板とエレベーターで結ばれた格納庫内には、最大10機程度を収容できる。

「ひゅうが型」の主な任務は、艦隊への潜水艦の接近を阻止する対潜作戦で、短魚雷発射管およびアスロック対潜ミサイルなどを格納する16セルの垂直発射装置(VLS)を有すなど、航空母艦としてはかなり重兵装といえる。一方、「いずも型」の「いずも」「かが」は満載排水量27000トン、全長248mと、先述のとおり「ひゅうが型」よりもひと回り大きい。SH-60J/Kを5機同時に発着艦可能で、格納庫内にはおよそ15機を収容可能である。しかし「ひゅうが型」のような短魚雷発射管やVLSを持たず、最低限の自衛用兵装しか搭載されていない。潜水艦への攻撃は、SH-60や僚艦に任せることになる。

CNNは「日本の平和憲法は自衛隊に交戦権を認めていないが、『いずも』は日本の軍事力を海外に投射し得る例外的な手段」と報じている。朝鮮日報は、「いずも」の上甲板を少し改造すれば、米海兵隊が保有する短距離離陸・垂直着陸(STOVL)型のF35B戦闘機を搭載できると伝えているが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月15日 11:08 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp