韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星重工業、世界最大規模のコンテナ船を建造

三星重工業、世界最大規模のコンテナ船を建造

三星(サムスン)重工業が、世界最大規模のコンテナ船を建造した。この船舶により、2万TEU(1TEUは約6メートル長さのコンテナ1個分)級のコンテナ船時代が開かれた。三星重工業は、日本の海運会社「MOL」から2015年2月に受注した2万150TEU級コンテナ船4隻のうち、最初の船舶の建造を終え、15日、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)造船所で命名式を行った。命名式には、三星重工業の朴大永(パク・デヨン)社長とMOLの池田潤一郞社長など90人余りが出席した。船舶は、「MOLトライアンフ(TRIUMPH・写真)」号と名付けられた。長さ=400メートル、幅=58.8メートル、高さ=32.8メートルのMOLトライアンフは、標準コンテナ2万150個を一度に運ぶことができる。

三星重工業が独自開発したスクリューなどで省エネ能力を強化したMOLトライアンフは、現在、世界で建造されたコンテナ船の中では最も大きな船舶であり、2万TEU時代を切り開いた初のコンテナ船という記録を共に残すことになった。三星重工業の関係者は、「2016年1月末の鋼材切断式後、約15ヶ月に渡る建造期間中、一件の事故もなく、2万TEUコンテナ船時代を世界で初めて切り開いたことに格別な意味がある」と明らかにした。命名式を終えた船は、仕上げの作業を経て、27日に船主に引き渡され、欧州航路に投入されるという。三星重工業は、今年9隻の2万TEU級コンテナ船を追加建造して納品する計画だ。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/872952/1

【管理人 補足記事&コメント】
経営難に直面したサムスン重工業が、最悪のシナリオを想定しても今後5年間は問題ないという実査結果を出している。昨年7月14日、金融界によると、過去2カ月間、サムスン重工業の実査を行ったサムジョンKPMGは、このような内容を骨子とした実査結果を同日、主債権銀行である産業銀行に提出したことが確認された。サムジョンKPMGは経営・財務診断の結果、今後5年間は損益と資金の両面で良好という評価を下している。

提出された報告書によると、サムジョンKPMGはサムスン重工業が受注実績悪化で最も保守的な状況を仮定しても、今後5年間の累計損益は黒字を記録すると予想している。経営診断に乗り出した結果、既存のサムスン重工業が提出した1兆4000億ウォン規模字の自己救済案以外の別途追加自己救済案が必要ないという診断が出たというわけだ。サムスングループとサムスン重工業は、国民銀行と新韓銀行などの他の債権銀行に経営診断の結果を説明し、融資満期延長を要求している。

サムジョンKPMGは、今後5年間最悪のシナリオを前提としても、サムスン重工業が当初出した1兆4000億ウォンの自己救済案と別途1兆ウォン以内のサムスングループ次元の有償増資で経営正常化に問題がないという診断を出している。 一方で、サムスン重工業が2018年までに正規職を最大40%まで減らす強力な構造調整を実施するとしている。サムスン重工業の朴大永社長は15日に社内放送を通じ自救計画の主要内容を直接説明した。この日明らかにされた自救計画によると、サムスン重工業は昨年1500人前後の希望退職の申請を受け付けており、自然減少分と分社人材まで含めば年内に1900人の人材を減らすとした。

造船大手3社のうち最大規模の人員削減だ。経営正常化に向けすべての役員が辞表を提出している。朴社長も当分は賃金全額を返上している。 現状のサムスン重工業は5年間は問題はないという事自体が問題だと思うが…。利益の大半はサムスン電子であるから、資金の流れや、日本のメガバンクの融資を考慮すれば、サムスン重工業とて、厳しい状況に変わりはない。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年03月16日 11:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL