韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  金利引き上げも引き下げもできず…韓銀のジレンマ

金利引き上げも引き下げもできず…韓銀のジレンマ

「韓国銀行(韓銀)は今すぐ金利を引き下げることも上げることもできない。金利を引き上げることができるくらいに年内に経済が回復できれば一番いいが…」

16日、米連邦準備制度(連準、Fed)が基準金利を0.25%引き上げた中、今年末の韓米基準金利の逆転現象が現れかねないという予測が出たとき、韓銀の関係者がした話だ。これは韓銀が直面したジレンマを端的に示している。連準が2019年まで毎年三回ずつ段階的な金利引き上げを実施するという明確な青写真を提示したが、1300兆ウォン(約130兆円)を超える家計負債に押されて底を這っている景気に足を引っ張られた韓銀は、事実上選択肢がない。

韓銀は昨年6月以降、政策金利を1.25%水準で「長期凍結」中だ。「消費の絶壁」という言葉に代表される国内景気の低迷を考えれば、金利を引き下げて景気浮揚に取り組むのが合致する方向だ。しかし、過度な家計負債に足を引っ張られた状況で、このカードを使うことは難しい状況だ。家計負債のソフトランディングを誘導するためには、金利を漸進的に引き上げる必要がある。韓銀は現在の景気低迷と家計負債の間でジレンマに陥っている。

ここに米国基準金利引き上げ要因まで重なった。韓米間の金利差が0.25%ポイントまで狭まっており、年末には逆転する可能性もある。国内外の金利が逆転すれば、外国人投資資金が流出してしまう危険がある。

しかし、韓銀は今回の米国の金利引き上げの影響は大きくないものと見て、直ちに米国に同調して金利を引き上げることはしないという意思を明らかにした。チャン・ビョンファ韓銀副総裁はこの日開かれた通貨金融対策会議の直後、「今回の金利引き上げは十分に予想されていたもので、金融市場の変動性が高まる懸念は大きくない」とし、「米国が金利を引き上げたからといって、韓国銀行が基準金利を機械的に引き上げることはない」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26815.html

【管理人 補足記事&コメント】
昨年6月に過去最低の1.25%に引き下げた。米国の利上げや国内の家計債務急増などで、韓国経済を取り巻く状況の不透明感を踏まえ、慎重な対応を取った。 米連邦準備制度理事会は利上げを決め、今年の利上げ回数を3回と、従来より増やすとした。これにより韓国銀行としては利下げの余地が狭まった。韓米の金利差が小さくなり、海外投資家が韓国に投じた資金を引き揚げる懸念が強まった事による。韓国銀行は米国の利上げを受けた新興国をはじめとする世界の金融市場の動きを注視する必要がある。

一方、韓国国内をみると、1300兆ウォン(約129兆円)を突破した家計債務が通貨政策の重しとなっている。銀行の個人向け融資は昨年11月だけで8兆8000億ウォン増加し、この増加幅は韓国銀行が統計を開始した2008年以降の11月としては最大だ。家計債務の急増に歯止めがかからない状況で政策金利の引き下げは容易でない。 国内の景気低迷を考えると、利上げも難しい。内需と輸出の回復が不安視されている上、自国政府の混乱もあり、中小企業改革などどこ吹く風である…。挙句に通貨危機もいつ発生するかわからない状態で、外貨保有高は心もとない…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年03月17日 10:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL