韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  国王が来日したサウジの現状 投資増や技術協力で関係維持

国王が来日したサウジの現状 投資増や技術協力で関係維持

サウジアラビアのサルマン国王が来日した。国王が日本を訪れるのは46年ぶりだ。サウジアラビアは、産油国として名前こそ日本に知られているが、その実態はあまり知られていない。サウード王家による絶対君主制の国である。成文憲法もあるが、その第1条で、イスラム教の聖典であるコーラン(クルアーン)を憲法とすることが明記され、イスラムの教義が国の根幹になっている。政教分離ではなく、政教一致の国である。

行政機構も日本などと異なっており、かつては内閣も議会もなかった。そのため、法律もなく、イスラム法に則り、「勅令」が施行されてきた。最近では、内閣に相当する閣僚評議会や国会に相当する諮問評議会、そして地方議会も設置された。もっとも、首相格の閣僚評議会議長は国王の兼任である。2015年12月に行われた地方選挙で、女性に初めて選挙権と被選挙権が認められたことが話題になった。

そのサウジアラビアにとって今回の国王訪日の狙いは、両国の経済にとって良好な関係を保つことだ。前回のサウジアラビア国王の訪日は1971年で、73年と79年の石油危機の前のことだ。2度に渡る石油危機により、産油国の筆頭であるサウジアラビアの国際社会での発言力は格段に大きくなった。一方、石油の大量輸入国である日本の立場は弱くなった。石油危機後に、いくらお願いしても国王来日はあり得なかっただろう。


具体的には、日本とサウジアラビアは「日・サウジ・ビジョン2030」を取り交わした。それによれば、サウジアラビアが成長を目指す9つの分野について日本が投資や技術協力などを推進するとしている。その一方で、日本は中東外交にも踏み込んでいる。日本の中東外交は「全ての国と仲良く」である。その観点でも、サウジアラビアとイランが1年以上にわたり国交を断絶していることは危惧すべきことであり、日本はサウジアラビア国王に両国の関係改善を促した。これは、日本の対サウジアラビア投資のリスクを軽減する上でも必要なことである。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170317/dms1703170830004-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
アジアを訪問している最大の目的は、脱石油経済に向けた協力関係を構築することある。サウジアラビアは世界最大の石油産出国だが、米国でシェールガス開発が進んだことから、2014年以降は生産量(日量)トップの座を米国に明け渡している。米国は石油産出量が増大したことで、理論上、エネルギーを自給することが可能となった。以前の米国は、石油の確保という観点からサウジアラビアに対して特別待遇を行ってきたが、生産量の変化などを背景に、最近はサウジアラビアにあまり肩入れしなくなった。

拍車をかけているのが原油価格の急落にある。原油価格は2014年前半までは1バレル=約100ドルとかなりの高値だったが、その後、一気に下落。一時は1バレル=約25ドルとピークの4分の1の水準になった。現在は50ドル前後ですが、この程度までの回復が限界との見方が専門家の意見だ。サウジアラビアは、国家歳入の約8割を石油に依存しており、原油価格の下落は財政を直撃した。同国は、王族が支配する君主制の国家であり、諸外国との交流も厳しく制限されており、外国人が観光目的で入国することは極めて困難な国である。その代わり、税金は存在せず、ガソリンもタダ同然で使えるなど、国民は豊かな生活を保障されていた。

ところが、原油価格下落による財政逼迫で、石油に代わる財源を見つけられなければ、国民の不満が高まる可能性があり、これを回避するためにも、日本や中国との協力関係を強化する必要がある。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月17日 12:16 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(5)
サウジから石油を取ったら..
 サウジから石油を取ったら、 一体なにが残るんでしょうね。

 愚生は学がないから何にも分かりません、 サウジの国土は日本の6倍近くあるし、 反対に人口は 1/4位でしょうか? なまじ金満国でしたから、 3K的な労働は外国人の出稼ぎに頼ってるようですし、 あの国の国民に、 額に汗して稼ぐということが出来るのでしょうか?

 一番問題なのは人のマインド、ヤル気さぁあれば、 学習するにも労働するにも、 何とか方向性を見いだせると思うのですが、 その辺り、 どうなんでしょうね?

 また、 石油に代わる資源とか、 産業の萌芽とか、 何かしら有るんでしょうか?

 これまで貯めこんだ資金による投資ビジネス? 砂漠を利用して何らかのプラント? 例えば、 水素が今後どうなるか分かりませんが、 水素製造プラントなんかなら芽がある?

 オイル・ビジネスが、 急激にポシャるとは思えませんが、 先細りなのは事実。 何をするにしろ、 大事なのは国民のヤル気とか危機感だと思うのですが、 その辺り、 教育も含めてどうなんでしょうね。

 また、 憲法はコーランで、 立法は国王による勅令、 それで近代的な産業が勃興できるのでしょうか?

 支那が悪辣な企みで近づく気もしますし、 アメリカは用が無くなればつれない、 サウジは実際、 正念場に差し掛かってると思います、 むしろ遅すぎるくらい。

 パートナーとして日本に白羽の矢を立てたのは正解だと思うけれど、 日本にもメリットがないとね。

サウジから見れば、 日本以外に真摯に取り組んでくれ、 また、 様々な可能性を持っている国は無いと思いますが、 日本的にも何かメリットを見いだしているんでしょうか?

[ 2017/03/17 14:52 ] [ 編集 ]
へんな国
サウジとかあの辺の国に行ってみ?男同士が手つないでいる。
なぜか?あの辺の国は宗教的に女子は人生ベールに包まれる。あまり外に出てこない。
だから、男は女性と付き合う確率が普通の国より低いから、男同志まず付き合う。
その後、男は女と付き合うことになる。
気持ち悪いし、変な国。だから、まああまり深入りしない方が良い。
オイルはアメリカとロシアから買え!
それにしても、国会は終わってるね。いつまで森友やってんだ?
かごいけは野党と組むのか。。。だったら、もう、森友はどうでもよい。訴えられようが、じさつしよが、学校つぶれようが、もうしったこっちゃない。どうにでもなれ。
[ 2017/03/17 19:21 ] [ 編集 ]
田中さんに便乗です
申し訳ありません、田中さんに便乗です。

森友学園の話、彼の国に近い方達が、朴槿恵前大統領弾劾の、二匹目の柳の下のドジョウを狙って騒いでいるのでしょうか?
彼の国の話は政府レベルの話、森友学園は地方行政レベルの話、全く筋が違います。
森友学園レベルの話で、籠池氏を国会で証人喚問とは、呆れるばかりです。

さらに驚くのは、証人喚問を要求した党の一つである民進党の党首(もしかして擬き?)が「証人喚問はケシカラン」と言い出したようです。

対外政策が難しい時期、ハテサテ国会を何と心得ているのでしょうか。
国会は、司法の場所では有りません。
国会議員も司法を司る立場では有りませんので、国会議員のこうした行為は、越権行為のような気もしますが?

素人ですが、三権分立を無視するのは憲法違反にならないのでしょうか。
三権分立を無視し、国の品格が、彼の国レベルに低下しまうのではと心配です。
[ 2017/03/17 21:10 ] [ 編集 ]
笑ろた
昨日の森友学園での衆参の委員の訪問時の音
おばはん:「森友学園がんばれ」「森友学園がんばれ」
マスゴミ:「うるさい」「だまれ」「この野郎」
笑ろた。。。
昨夜のTBSのNEWS23の星キャスター:稲田大臣は虚偽の答弁を繰り返している。
内閣はここでリセットすべき
と一キャスターが政治に独善的に一方的なサイドに関与する発言。
昨日、今日のテレ朝報ステは政治に独善的に一方的なサイドに関与する発言。
マスコミは平等、中立であるべきなんだよね?
全然中立でないぞ!!!  ああ、そうか、マスゴミか。。。ゴミ。。。
[ 2017/03/17 22:23 ] [ 編集 ]
スレの趣旨からは外れちゃいますが。
 森友学園問題、 一足飛びに証人喚問になっちゃいましたね、 安倍首相の方は自信ありげだし、 心なしか民珍党の方がトーン・ダウンしているように感じます。 こりゃ大山鳴動して鼠一匹カナ? あるいは、 「偽メール事件」 の再現になるのか?

 菅谷保とかいう怪しげな物書きまで現れて、 愚生には、 籠池側が急遽仕込んだ芝居のようにも思えます。 籠池が 「菅谷さんかぁ~」 と言った会見の時から。

 首相が森友学園に寄付した件にしても、 国有地の払い下げとは全く別問題だし、 テレ朝辺りは、 「道義的には問題だ」 と主張し始めてますが、 例え寄付があったとしても、 何が道義的に問題なのか、 愚生にはチンプンカンプンです。

 だって、 籠池は、 あの通りの人物で、 嘘が背広着て歩いてるようなモンです。 従前は教育者として、 或いは学校法人の理事長として、 それらしく振る舞っていたと思いますから。

 しっかし、 籠池も籠池ですけど、 籠池のカミさんも相当な 「キ 印」 じゃないですか? 何となくだけど、 案外あの女が諸々な事柄の震源地なんじゃないかと思えるんでやんすがね。

 何はともあれ、 大ブーメランを期待したいトコロでは在ります。

 一件落着したら、 東アジアがキナ臭い大事な時期に、 国会を空転させたオトシマエは、誰に対してどんな風にするのか興味が出て来ました。

 オトシマエをつける際には是非とも、 あの生意気な“あんちゃん”山本太郎もケチョンケチョンにして貰いたいモンです。

[ 2017/03/18 08:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp