韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ろうそく集会の1千万円の借金に市民たちが8千万円寄付

ろうそく集会の1千万円の借金に市民たちが8千万円寄付

「民主主義や市民権力の確認代金^^振り込み完了!」
「チキン食べる代わりに後援金」、「振り込み完了…お金稼いでこんなことに使わなくちゃ」

ろうそく集会を主催する朴槿恵(パク・クネ)政権退陣のための非常国民行動(退陣行動)が、1億ウォン(約1千万円)の借金を抱えた事実が伝わり、市民たちが「ろうそく(集会)後援運動」を行い、8億8千万ウォン(約8800万円)を集めた。退陣行動は17日午後、ホームページ(bisang2016.net/b/notice/2178)に「1億ウォンの借金に対する市民後援への感謝メッセージ」を掲載し、このような結果を知らせた。

退陣行動は「借金を抱えながらも、後援をお願いするのをためらっていた。お願いすれば集まると信じてはいたものの、お金に関する敏感な問題であるため、心配した」と切り出した。さらに、「借金を返せなければ、業者が負担を抱えることになるのが目に見えており、恐る恐る勇気を出してみたが、瞬く間に奇跡が起きた」と明らかにした。

退陣行動によると、集会を1回開催するたびに、装備レンタル・設置などの費用で1億ウォンほどがかかるが、最近相次いだ集会で2億ウォン(約2千万円)を超える借金を背負うことになった。舞台設置会社8社で構成されたろうそく集会の舞台チームが、1億ウォンの舞台設置費用を後援する意向を示したが、それでも退陣行動には1億ウォンの借金が残る。

最後に退陣行動は「行事期間中、実費で働いてくれて、『広場の一員として迎えてくれてありがとう』と大きく後援してくれた業者の財政を心配しなくてもいいようになった」としたうえで、「3月25日と4月15日に予定されたろうそく集会の費用として使わせてもらう。これまで通り、財政を透明に公開し、一銭もむだにしない」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26829.html

【管理人コメント】
借金を後先考えずに、寄付だけは一人前にする。何とも素晴らしい心使いではあるが…。借金を苦にしない連中でろうそく集会を実施し、大統領は退陣。事あるごとに家計負債は増加。そのたびに政府はご都合政策を実施する。失業率30%あたりと考慮しても中小企業が倒産連鎖状態ではないわけで、政府がかなり後押ししているのも事実。政府の恩恵を受けない人にとっては日本で良からぬ仕事で金を儲ける。

自国借金の補てんは日本であるから、どんどん日本に押し寄せる。不法滞在の嵐となる…。
韓国からの渡航制限をしっかりと強化する事である。



関連記事
最新コメント


ブログパーツ
[ 2017年03月18日 09:44 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
なんか違う気が?
 まぁ、 パックネもパックネなんすけどね、 それでも文在寅よか、 ナンボかマシっつうか。

「この貧困もパックネのせいニダ!」

てな感じなんでしょうけど。

 貧困を脱出したい連中が、 現状だと八方塞がりになりかねない左翼を推す、 なんか、 とってもシュールな気がしませんか、 皆さん?

 それと、 何となく詐欺っぽくも感じませんか、 皆さん。

 南鮮人がやることが、 何でもかんでも薄っぺらく、 また裏が在ったり、 欺瞞があったり感じちゃうのは、 ワテクシだけでしょうか?
[ 2017/03/18 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL