韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。韓国経済ニュースを様々な視点から紹介するサイトです。韓国経済崩壊ニュースだけでなく、関連情報を含めて韓国経済ニュースやアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  今度はSK建設が4兆ウォン受注、イランに「ゴールドラッシュ」

今度はSK建設が4兆ウォン受注、イランに「ゴールドラッシュ」

SK建設がイランで、総事業費4兆ウォン規模のガス複合火力民間資本発電所の建設工事を受注した。SK建設は、国内建設会社では初めて、イランの民間資本発電事業に進出することになる。最近、イランやトルコなどから受注朗報が伝えられ、海外建設受注の扉がひらくだろうという期待が高まっている。

SK建設は17日(現地時間)、トルコのイスタンブールでユニットインターナショナルエネルギーの持分30%を買収する株式譲渡契約を交わしたと、19日明らかにした。この会社は、ベルギーのエネルギー企業「ユニットグループ」がトルコに設立した特殊目的法人であり、1月にイラン政府から民間資本発展事業権を獲得した。この事業は、計5000MW容量のガス複合火力発電所5基を建設・運営するプロジェクトだ。イラン発電事業の中では史上最大規模となる。韓国基準では、350万世帯が1年間に使える電力量に匹敵する。建設・金融費用などを合計した総事業費は34億ユーロ(約4兆1140億ウォン)で、工事費だけでも25億ユーロ(約3兆250億ウォン)に上る。

同日の契約式には、SK建設のアン・ジェヒョン・グローバルビーズ代表やウナル・アイサル・ユニットグループ会長、姜鎬人(カン・ホイン)国土交通部長官などが出席した。アン代表は、「SK建設の開発型事業遂行の経験を活かして、高品質の発電所を建設したい」と明らかにした。姜長官も、「イラン複合火力発電所事業は今後、イランとのインフラ協力において記念碑的事業になるだろう」と語り、「政府は、今回の事業が成功裏に推進できるように必要な支援を惜しまない」と述べた。


お勧め記事

スポンサードリンク


SK建設は来年1月、サヴェ 、ザーヘダーンの2ヶ所に、それぞれ1200MWと880MW規模のガス複合火力発電所の着工に乗り出す。工事期間は約2年半で、2020年下半期(7〜12月)の商業運転が目標だ。SK建設は、スフィアン、クワスリーシリ、アバズの3カ所でも順次工事を開始する。SK建設は発電所の完成後も、30%の持分を持ってユニットグループと発電所を共同運営する。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/875788/1

【管理人 補足記事&コメント】
海外で仕事を受注しないと成り立たない国である。問題は赤字事業とならないことを祈るだけである。
現代エンジニアリングが、イラン国営製油会社(NIOC)の系列会社「アフダフ(AHDAF)」と、「イラン・サウスパース12の第2段階拡張工事」の契約を交わしている。工事費だけでも30億9800万ユーロ(約3兆8000億ウォン)に上り、韓国国内建設企業がイランで受注した工事の中では最大規模となる。イランの首都・テヘランから南側に約1100キロ離れたトンバク地域に位置しているサウスパースガス田に、石油化学プラントを建設するプロジェクトだ。

今回の受注は、民間建設会社の技術力と地元ネットワークに政府支援が加わった「チームコリア」の快挙だという評価をしている。一方の日本は、国際石油開発帝石(INPEX)など日本企業5社が、イラン南西部の大規模油田「アザデガン油田」などの開発を目指しイラン国営石油(NIOC)と本格交渉を実施している。INPEXは米国の制裁強化で同油田から撤退に追い込まれた経緯があり再参入への期待が強いという。中東最大級とされるアザデガン油田の推定埋蔵量は約260億バレルに上る。欧米による対イラン制裁の解除を踏まえ、今春にも参入企業の国際競争入札が行われ、夏ごろには結果が出るとみられている。

中東最大級の同油田は今でも大半が未開発と言われる。今回の再交渉は雪辱を果たす絶好の機会となる一方で、韓国勢は必至だが、受注を決めているとはいえ、自国経済補てんになるのかは難しい状況と言える…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月20日 11:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL