韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「韓国大統領」は世界で最も危険なポストだ

「韓国大統領」は世界で最も危険なポストだ

韓国大統領は危険な職業だ。1980年以降大統領の座に就いた7人の運命を思い浮かべると、目まいがする。2人は監獄へ行った。1人は捜査を受ける過程で自ら命を絶った。前大統領は、21日に検察へ出頭する。憲法裁判所の弾劾事由と検察の適用容疑はかなりの部分で重なっており、法の網を避けることは容易ではないだろう。7人のうち4人が犯罪者の身分になったとすると、比率は57%になる。文明国に、こんな職業がほかにあるだろうか。

ほかに4人の大統領がいる。このうち2人は、内閣責任制および過渡期の大統領ということで、除外してもよさそうだ。残る2人には、「独裁者」という修飾語が付いてまわる。1人は50年間異国をさすらって独立運動に人生をささげたが、最後は太平洋の真ん中に浮かぶ亡命先の島で生涯を終えた。もう一人も、自分の足で大統領府(青瓦台)を歩いて出ることはかなわなかった。部下の銃弾に倒れたのだ。結局、9人の大統領のうち6人は、平穏な余生を送ることができなかった。不幸が大統領を襲う確率は67%に達する。無事であろうとするなら、幸運を期待しなければならない。先進国にも途上国にも、これに匹敵する事例はない。

危険な職業の第一に挙げられるのが、消防官だ。だが韓国大統領が不幸になる確率は、消防官の負傷率より何倍も高い。これまで大統領を経験した9人のうち、不幸を免れたのは3人だけというが、この話も事実とは隔たりがある。三人の大統領は在職中、子どもやきょうだいが監獄でつぶされる姿を見守らなければならなかった。結果的に、韓国大統領の誰もが、悲劇を避けて通ることはできなかった。こんな恐ろしい運命、こんな身の毛もよだつ法則の支配を受ける権力者が、どこにいるだろうか。


韓国政治において「忠誠とは何か」を問う必要がある。「大統領を愛する会」という忠誠集団を抱えた大統領が2人いた。1人は、国会で弾劾訴追案が通過し、後に検察の捜査を受ける過程で自殺した。もう1人の大統領は、憲法裁判所から罷免を言い渡され、検察の捜査も控えている。なぜ、忠誠集団は大統領を守ることに失敗したのか。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/21/2017032100942.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、5月9日に韓国大統領選挙があり、次の日に新大統領が就任する。弾丸列車のような高速の政治日程だ。世界で最も危険なポストを、このように選んでもいいのかと心配になる。新大統領に、「お祝いする」という言葉を気軽には掛けられないだろう。大統領を支配する運命の法則がどれほど過酷であるかを知っている人間なら、その家族に対して何と言うべきか、何度もためらうはずだと締めくくっている。

大統領に権限を集めれば、不正のネタとなるだけでなく、財閥との繋がりで、過去を見れば結局不正の嵐となり、それは結果として負債に跳ね返る。また戦後から反日政策を掲げているわけで、日本を恨んだところで、日本のODAで国が建国されたにもかかわらず、いつまでも過去を恨んでいるようでは、前に進む政治の構成は無理だろう。韓国の年寄り連中がいまだ強い事が、慰安婦問題も迷走のままとなる。本来慰安婦は復権を求めているわけで、復権は日本総理の謝罪要求となる。ところが、自国政府も自国メディアも反日に拍車をかけ、裏で後押しし、政治問題に切り替えるわけで、厄介なネタとなる。

終止符を打つための今回の慰安婦合意も、韓国政府の判断であるにもかかわらず、一部の連中はお騒ぎする。朴槿恵の友人問題やサムスン問題がなければ、ある程度予想通りに進んだであろう内容も、一瞬にして吹き飛んだ状態だ。それだけ韓国政府はらしないというわけだ。過去を見れば碌なことはない。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月21日 11:07 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp