韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  あきれる韓国外交

あきれる韓国外交

先週、飛行機から階段のタラップではなく金色のエスカレーターに乗って降りてくる人を初めて見た。主人公はサウジアラビアのサルマン・ビン・アブドゥルアジズ国王(82)。サルマン国王が1カ月間にわたりマレーシア・インドネシア・モルディブ・ブルネイ・日本・中国などアジア6カ国を訪問するたびにサウジアラビアから空輸してきた移動式のエスカレーターが登場した。それだけではない。サルマン国王のベンツ特殊防弾車両は1台15億ウォン(約1億5000万円)。トランプ米大統領が乗る車より30%ほど高い。ここに随行した皇太子は25人、訪問団は1500人。インドネシア大統領宮での夕食会では車750台の行列が4キロも続いたという。

サウジ国王はほとんど海外に出て行かない。日本は46年、中国は11年ぶりだ。しかし一度出て行けば大金をばらまく。マレーシアでは8兆ウォン、インドネシアでは17兆ウォンの投資の約束をした。中国はなんと28兆ウォンだ。日本では世界最大の企業公開(IPO)となる石油企業アラムコの東京証券取引所上場を約束した。アラムコの企業価値は最大2兆ドル(約226兆円)。これが実現すれば日本には非常に大きな利益となる。 ところがここから韓国は抜けた。韓国は世界でサウジ産原油を4番目に多く輸入する国だ。いわばアジア最大顧客の一つだ。しかしサルマン国王は背を向けた。


理由は簡単だ。政治的な不安定。行っても効果がないということだ。我々は藁をもつかむように国王を随行した閣僚10人の一人、ファキーフ経済企画相を日本訪問前に韓国に呼んだ。彼の一言で柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相との会談もセッティングされた。しかし柳副首相が「サウジのメトロ事業に韓国が参加できるようにしてほしい」と述べると、ファキーフ経済企画相は「それを望むなら我々のサウジ国富ファンドに入るべき」と反論したという。投資を誘致するどころか、代わりに来た一人の閣僚から助言を受ける立場になった。

韓国を飛び越えて通過する「コリアパッシング(passing)」。知り合いの整形外科院長の中東訪問を支援し、受注実績を膨らませ、実益は得られず、米中外交に偏りすぎた総合的応報だ。 対米外交の実態はさらに見苦しい。先週ティラーソン米国務長官が韓国を離れながらしたインタビューで「我々は彼ら(韓国)から夕食会への招待を受けなかった。彼ら(韓国政府)は最後になって(夕食会をしなければ)大衆的に見て自分たちに良くないと悟った。それで私が疲れて夕食会に応じなかった公表した」という反論は最高レベルの不快感の表示といえる。
(略)
http://japanese.joins.com/article/084/227084.html?servcode=100§code=120

【管理人コメント】
朴槿恵に何事もなかったとしても韓国政治レベルでは、状況は変わらないだろう。やはり飛び越えて中国に向かったのではないか…。小さい国で大統領制を用いている韓国だが、反日政策だけで、挙句に上から目線で、中国に寄り添い、アメリカのいいなりという国である。上から目線の記事は自国メディアも負けてはいない。従って本来の真の現状は包み隠されたままとなる。

口では経済政策を唱えるが、いつどこで誰がどのようにが無い。これは政治家のみならず、自国メディアも同じで、自国の事でありながら他人事の国である。今の現状を予想しただけでも、私などは恐ろしくて震えが来るが…。自国民も知ったことではないのだろう。慰安婦像は汗を流して作っても、中小企業で、一生懸命汗は流さないし、知恵も出さない。政府のみならず国全体の問題である。世界で一番必要がない国と言われている理由を知ることである…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月21日 13:14 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
原油をたくさん輸入するとか関係ねー!
サウジは原油依存体質から脱却するために、日本には技術、中国には投資を求めに来た。
韓国が世界で4番目に多く原油を輸入してるとか関係ないんだよ。
サウジの求めるものが、韓国になかっただけ。
政治が不安定とかも、あんまり関係ないと思うよ。
[ 2017/03/21 19:39 ] [ 編集 ]
韓国外交
 韓国外交はこの4年間は、反日で朴槿恵はあちこちで告げ口外交を盛大にして来て、中国とは蜜月の様になった筈なのにアメリカとのTHAAD配備問題で、一挙に中国からケッチンを食らってあたふたしている。
 この国の外交がまともでないのは、国際法(ウイーン条約など)さえ理解出来ず遵守する意志も無いところにある、アメリカとのTHAAD配備に現韓国政府が同意したのに、次期大統領候補者達はそれを引っ繰り返そうとしている、自国安全保障のアメリカ(韓国の守護神)との約束さえも守れない、こんな国を誰が信用するのだろう?
 韓国人が外交問題を解決するのは、不可能である何故なら韓国人は味方か敵でしか物事を判断出来ない民族だから!
 
[ 2017/03/21 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp