韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界経済は“春の気配”韓国経済は“真冬”

世界経済は“春の気配”韓国経済は“真冬”


お勧め記事


2008年の金融危機以後、世界経済は暗いトンネルから抜け出る兆しを見せているが、韓国経済は今なお真冬だ。危機の本山だった米国経済さえも足早な回復傾向に入り、外国為替危機以後19年ぶりに年間基準で成長率が韓国を上回る可能性まで提起されている。

19日に閉幕した「主要20カ国財務長官および中央銀行総裁会議」が発表した共同宣言文はこのように始まる。「私たちはグローバル経済回復の進展が成される瞬間に会うことになった」。もちろん「成長速度は相変らず望ましい水準よりは遅く、世界経済に下振れリスクは続いている」と但し書きが付いた。 国際機構は世界経済展望(WEO)を通じて具体的な数字でこうした世界経済の流れを見せている。7日、経済協力開発機構(OECD)は今年の世界経済成長率を一年前より0.3%p高い3.3%とし、来年成長率は3.6%と展望した。世界経済は春日が差していると評価される。

韓国経済の流れはこれとは異なる。成長率は昨年が2.7%で今年は2.6%(政府・国際通貨基金)と展望されている。IBK経済研究所など一部の経済分析機関では、韓中軋轢など内外の不確実性が高まれば、韓国の成長率が当初展望より0.5%急落しかねないと見通した。2%序盤の成長率も危ういという意味だ。


スポンサードリンク


そうなれば、韓国経済が年間基準で米国の成長率にも達し得ないのではないかとの展望が出てくる。2008年世界金融危機の震源地であった米国は、その後10年近く2.0%前後の低成長に留まったが、最近に入って失業率が4%台に低下し賃金上昇率が高まるなど景気改善傾向が明確だ。米国の連邦準備制度(Fed)が昨年12月に続き今月にも政策金利を引き上げ、金融引き締めに出たのも米国経済の足早な回復傾向が背景にある。国際通貨基金(IMF)は米国の今年の成長率を昨年(1.6%)より何と0.8%pも高い2.4%と展望した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26856.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国経済低迷とはいえ、サムスンにしても現代自にしてもSKハイニックスにしても、内情は深刻とはいえ、数値だけで見れば悪いわけではない。サムスン副会長の失態で構造改革につながる期待もある。現代自も低迷とは言え、年間800万台誓う販売しているわけで、サムスンも現代自も台数だけで見れば、悪いとは言い難い。一方で、造船に海運ととどめ打ちとなりそうな産業があるわけで、GDPの上位財閥依存度の高さで助けられているだけである。その依存度の高さが、自国民の生活を支える中小企業や零細企業を含め、赤字企業が増えているわけで、トータルで判断する必要がある。

今の韓国社会は、失業率の高さに加えて、今後ますます仕事がなくなるだろう。日本などから渡航制限を受ければ、ひとたまりもない。一方、税収不足は深刻だが、今のところは確保できている状態と言えるが、老朽化対策だけでも天文学的な金額となるわけで、今後現代自の低迷が本格化し、サムスン半導体のネタが尽きれば終わりとなる。また今後は日本の下支えも縮小するだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月22日 10:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
また大騒ぎ
成長率が下がる話になると、大騒ぎになる。
GDPはまだ右肩上がりだから、大問題ではない。
輸出立国なら、品目と仕向け先の組み直しでしょう。
中国はだめそうだし、米国向けも減りそうだし。
そのうち気付くだろう。新興国市場が激戦になるか。
[ 2017/03/22 15:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp