韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「朴槿恵の拘束」、迷う必要ない

「朴槿恵の拘束」、迷う必要ない

朴槿恵(パク・クネ)前大統領が検察で被疑者として事情聴取を受けた後、22日帰宅した。これから検察は、朴前大統領調査の内容と関連記録、証拠などを基に拘束の可否を含めた捜査方向を決めることになる。法と原則以外のものが判断基準になってはならない。

事実と法律関係からすると、判断はさほど難しくない。事件の実体は、朴前大統領の事情聴取以前と以後とで、あまり変わっていない。朴前大統領の13件の容疑については、すでに犯罪を十分に疎明できるほどの物証と証言が揃っている。共犯や関係者は捜査と裁判過程で、朴前大統領の容疑事実を具体的に証言している。さらに、朴前大統領の容疑のほとんどは重い刑が予想される。サムスンから受け取ったという数百億ウォンの賄賂が法廷で認められれば、無期または10年以上の懲役に処されることになる。朴前大統領を除いた共犯のほとんどが既に拘束されていることも、事案の重大性を示している。容疑がこのように重大である場合は、たいてい拘束捜査を行う。

朴前大統領が検察の事情聴取で容疑を全面否定したのも、拘束の必要性を高めている。確実な物証と関連者らによる揺るぎない供述が揃っているにもかかわらず、犯罪の故意性を繰り返して否定すること自体が、証拠隠滅の懸念を一層明確に示しているものと思われる。証拠が明らかなのに、頑なに容疑を否定するのはいつでも捜査を妨害するであろうと見るしかないからだ。


スポンサードリンク


朴前大統領に賄賂を渡した側であるサムスン電子のイ・ジェヨン副会長と“共犯”であるチェ・スンシル、アン・ジョンボム、チョン・ホソン氏など、関係者の大半が拘束されている時に、すべての容疑の中心人物である朴前大統領を拘束しないのは、公平性にも反する。刑事訴訟法のいかなる基準と原則からしても、朴前大統領の拘束は避けられないものと見られる。

検察は大きな事件であればあるほど原則に忠実でなければならない。捜査のために、法執行の原則上、拘束捜査が必要だと判断したなら、その判断通りに拘束令状を請求すればよい。これから行われる大統領選挙で誰が有利で、不利か、誰がどれくらい反発するか、どんな状況が検察に有利なのかなどの政治的考慮をしていては、判断を誤りかねない。法と原則が基準となるべき決定が政治的に汚染されていると疑われるようになれば、ただでさえ国民の不信感を抱かせてきた検察の居場所はさらに狭くなる。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26869.html

【管理人コメント】
日本メディアの朴槿恵報道は、何とも不思議な感じがするというのか…、違和感を感じますね。 韓国の実態が暴かれて、卑劣な韓国政策を日本メディアは報じない。というのかTVニュースでは韓国の実情は報じない。突然今回のような報道がまかり通ると、韓国の実情を知らない人たちにとっては、同情も広がるだろう。

日本の歴史においての韓国という国の立ち位置というべきか、なぜ今のような状況と化したかの勉強は、近隣国の実態としては必要だろう。反日政策を掲げる理由も知らない人が多いわけで、財閥の実態や、雇用率など、単に旅行のみならず、多少知識として知る必要はある。それでどうのこうのというわけではないが、隠蔽と不正の国が崩壊の危機にある実態などなどは重要だと思うが…。また過去の日本統治下においても、日本に無条件降伏した国が、日本の敗戦後、日本のODAで今の韓国の土台を築いたにもかかわらず、過去を恨んで反日政策を継続する韓国政府と韓国メディアの実態も理解する必要がある。

せめて上記くらいは適切に報じてほしいと思うが…。さらに言えば、日本政府が今まで曖昧にしてきたツケも報じる必要もあるだろう。河野洋平等々…、日本政治家の良からぬ発言が多いわけで、過去における日本政府のだらしなさに終止符を打つべく、安倍総理が行動していると考えれば、話はつながるのではないか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月23日 10:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp