韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴槿恵、無期懲役も・・・異例の21時間聴取

朴槿恵、無期懲役も・・・異例の21時間聴取

韓国検察の取り調べを受けていた朴槿恵(パク・クネ)前大統領が22日午前、ソウル市内の自宅に戻った。聴取は21時間にもおよび、検察は巨大財閥からの収賄容疑について集中的に追及したもようだ。朴氏は否認したとみられるが、今後の運命は検察の判断にかかっている。収賄罪の最高刑は無期懲役で、朴氏は一生、刑務所暮らしになる可能性もある。

朴氏が自宅に戻ったのは22日午前7時すぎ。ソウル中央地検での取り調べは前日の午前9時35分から始まり、約14時間後の午後11時40分ごろに終わったが、聯合ニュースは、検察が作成した尋問調書の確認に時間がかかったと伝えた。一連の国政介入事件で、朴氏には13件に上る犯罪容疑がかけられている。中でも、韓国最大の財閥、サムスングループから、朴氏の長年の友人である崔順実(チェ・スンシル)被告側への支援に絡む約433億ウォン(約43億円)の収賄容疑が事件最大の焦点だった。

サムスングループ全体の売り上げは韓国のGDP(国内総生産)の2割に当たるとされ、巨大財閥と最高権力者の癒着は韓国社会の厳しい批判にさらされた。さらに、収賄罪で有罪となれば、高額収賄の処罰規定に基づき、最高で無期懲役もあり得る。こうした事情から、検察側は収賄容疑の立証に注力せざるを得なくなった。


しかし、今月10日に罷免を決定した憲法裁判所の審判で、朴氏は「ただの一度も私益を追求したことはない」と意見書で主張。サムスングループからの収賄容疑については「こじつけだ」と否定した。憲法裁も収賄については判断を示しておらず、事情聴取でも朴氏は否認したとみられる。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170323/frn1703231130001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
検察は、朴槿恵前大統領を巨額のわいろを受け取った疑いなどで14時間にわたって取り調べ、逮捕の検討に入った。21日午前から休憩をはさみながら延べ14時間にわたって朴氏を聴取を実施。現在は供述の内容をまとめた調書について、朴氏と弁護人が内容を確認している。検察は朴氏が調書に署名した後に一旦、自宅に帰宅させた。

朴氏には、財閥・サムスンからの収賄容疑など13の容疑がかけられていて、取り調べは長時間に及んだ。聯合ニュースでは、朴氏側は容疑を全面的に否認していると報じている。検察は逮捕状を裁判所に請求するかの検討を始めている。少なくとも、在宅での起訴は免れない情勢で、収賄容疑で有罪になれば、最高で無期懲役となる可能性がある。

まぁ~ただでは済まないだろう。前代未聞の出来事である。これも不名誉な記録として歴史に刻まれることになる。
さらに沈没船引き上げ完了後の調査で、新たな問題が追加されるほどに、首が絞まることになるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月23日 12:58 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp