韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国大統領選で引き継ぎ委がない次期政権、専門家らがリスク指摘

韓国大統領選で引き継ぎ委がない次期政権、専門家らがリスク指摘

韓国政治学会および韓国経済学会は23日、共同で討論会を開き、早期の大統領選挙をめぐる政局で韓国が直面する経済・外交・安全保障上の課題について議論した。研究者らは「来る第19代大統領選挙に韓国経済の命運が懸かっている」「主な外交・安全保障イシューが、早期の大統領選挙のためあいまいになった」と口をそろえた。

両学会は23日午後、ソウル市竜山区の白凡金九記念館で「早期大選政局と高高度防衛ミサイル(THAAD)リスク、トランプ・リスク」をテーマにした時局討論会を開催した。韓国経済学会の具正謨(ク・ジョンモ)会長は、開会のあいさつで「早期大統領選の局面で、政治リスクが大きくなっている。これまで直面したことのない現在の危機は、政治と経済が融合・複合的に解決しなければならない」と語った。

研究者らは「引き継ぎ委なき次期政権」の危険性を指摘した。ソウル大学環境大学院の洪鍾豪(ホン・ジョンホ)教授は「今回の大統領当選者は、引き継ぎ委を立ち上げずにすぐさま就任しなければならない。類例のないこと。各大統領候補は、政権を取ったら直ちに実行できる『経済革新100日プラン』を提示すべき」「迫り来る大統領選挙が韓国経済の命運を決める分岐点になりかねない、ということを認識する有権者が増えるべき」と語った。

また、カトリック大学国際学部のキム・ジェチョル教授は「次期政権の発足時期前後に、中国が報復を拡大する可能性がある。THAADリスクは、早期の大統領選の局面だけでなく、次期政権でも重要な外交上の懸案になるだろう」と語った。キム・ヒョンオ元国会議長は、記念のあいさつで「遅くとも2018年6月の地方選挙のときには、国民投票で改憲が確定すべき。『来年6月より前に改憲』という案を、今回の大統領選挙で国民投票に付する案も検討に値する」「大統領選のランナーは改憲日程(ロードマップ)を明らかにすべき」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032401090.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国大統領になったとたんに赤字事業と負債の額を知ることになる。現実に負債の多さに隠蔽工作と借金外交を余儀なくされるわけで、韓国大統領という地位自体が、つねに借金と不正は背中合わせとなる。朴槿恵が4大河川事業の不正赤字を見つけ、負債額が大きく膨らみ、挙句にIMFには地方債務の隠蔽を見つけられ、公表値の二倍に負債が膨らんだことは記憶に新しい。その時点からIMFの融資を受けている。朴槿恵が今までの負債をしっかりと精査し、間違いないようにしていれば、多少はまともな政治となるが、借金外交が続くことに変わりはない。

韓国事態が自国で対応できる国ではないために、海外から仕事を受けて対応するしか道がなくなっているわけで、内需を育ててこなかったツケは大きい。その一方で財閥企業を大きくしすぎて、5000人の人口でしかない国で成り立つはずはない。財閥も政府が海外事業に的を絞る理由でもある。特に海運企業は、北朝鮮に陸地を阻まれている以上、海上輸送は不可欠な産業となっている。様々なリスクが取り残されたまま、新しい大統領を選んでも、国の借金や家計負債が減少するわけではない。

為替依存度が高い国であるから、アメリカの利上げ次第という側面を持ちつつ、中国に寄り添った経済は逃げ道がないのも事実。日本企業に阻まれれば、ますます逃げ道はなくなるだろう。新大統領は経済政策をどのように実施するのだろうか…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年03月24日 13:16 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
文在寅に警告
回りくどく言ってますが、これは保守派の意見であって、
次の大統領に急変革はやるなという警告でしょう。

>安全保障イシューが、早期の大統領選挙のためあいまいになった

左翼大統領が安全保障リスクを拡大する、という意味。
文在寅はTHAADで板ばさみになって、動けなくなる。

>引き継ぎ委なき次期政権

大統領暗殺事件もあった韓国だから「引継ぎなし」は慣れたこと。
次の大統領が前任から引き継ぐ「しばり」はないと考えるなら
それは間違いだ、という警告。
[ 2017/03/24 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL