韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓中THAAD経済戦争、中国の損害がもっと大きい

韓中THAAD経済戦争、中国の損害がもっと大きい

中国がTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を理由に韓国に加える経済報復がピークに向かっている。中国人観光客の団体観光を禁止し、韓国商品を壊して燃やすなど不買パフォーマンスをあちこちで行っている。THAAD敷地を提供したロッテは全面的に税務調査を受け、中国内の売り場99カ所のうち87カ所が営業停止となった。官営メディアは連日、強い語調で韓国を叩き、幼稚園児や子犬まで動員して反韓感情をあおっている。稚拙な「不良大国」の極致を見せるようだ。

中国の報復が強まるほど韓国国内では被害に対する懸念が強まっている。中国人観光客は昨年の800万人から今年は400万人以下に減少する見込みだ。中国の報復措置が団体観光の統制、非関税障壁の強化を越えて、資本市場からの撤収、輸出入統制につながるという分析もある。産業銀行によると、中国が追加で経済制裁をすれば製造業の輸出と免税店・観光界の売上高が約23兆ウォン(約2兆3000億円)減少するという。報復が長期化するという懸念もある。これほどなら「恐中症」といえる。

もちろんこうした懸念に根拠がないわけではない。韓国は中国経済の失速や人民元切り下げなど中国リスクへの露出度がオマーン、シンガポールに続いて3番目に大きい。しかしTHAAD報復は韓国だけに致命打となるのだろうか。両国間の分業構造を見ると、むしろ中国の打撃がより大きいという分析も多い。中国の最大輸入国は韓国だ。昨年1587億ドル分を韓国から輸入したが、90%が中間財と部品だった。


スポンサードリンク


韓国産半導体、科学素材などを輸入し、加工して世界に輸出する構造だ。今月に入ってTHAAD報復を強化する中でも韓国の対中輸出は16%も増えた。中国が主に不買運動など「誇示型報復」に注力する背景もここにある。また、中国に進出している3万ほどの韓国企業が離れていく場合、中国には大災難となる。1社あたり100人ずつとしても約300万人の失業者が生じる。訪韓する中国人観光客が急減しても、日本や東南アジアなど他の国からの観光客が増えている。
http://japanese.joins.com/article/259/227259.html?servcode=100§code=110

【管理人 補足記事&コメント】
韓国製品の不買運動を実施しても、代わりの商品は日本のみならず他国にもあるわけで、さして問題ではない。 韓国旅行者が激減したところで、中国民の無駄使いが減少するだけの話であるから、中国内で金を回すことを考慮すれば、中国にとっては良い話だろう。現実は個人観光客として、日本をはじめとし、旅行しているのが実情だろう…。

韓国経済新聞は、中国の最大輸入国は韓国だとし、昨年1587億ドル分を韓国から輸入したが、90%が中間財と部品だったと伝えている。韓国産半導体、科学素材などを輸入し、加工して世界に輸出する構造で、今月に入りTHAAD報復を強化する中でも韓国の対中輸出は16%も増えたとしている。中国が主に不買運動など「誇示型報復」に注力する背景もここにあると指摘している。また、中国に進出している3万ほどの韓国企業が離れていく場合、中国には大災難となる。1社あたり100人ずつとしても約300万人の失業者が生じると報じている。

逆に言えば韓国人の失業者も多数増えることになるが…。半導体は韓国企業以外の日米台で成り立つだろう。台湾企業などは、サムスンとSKハイニックスに押されて低迷している企業があるわけで、ありがたいのではないか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月24日 13:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp