韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  国交正常化以来最悪の2012年日中関係、いまだに乗り越えられず

国交正常化以来最悪の2012年日中関係、いまだに乗り越えられず

「2012年の日中関係は国交正常化以来、最悪だった。中国で日本文化行事はほとんどキャンセルされ、一部は政府によって禁止された。大使館で小規模のイベントを行うのがやっとだった」

駐中日本大使館公報文化部長である山本恭司公使は22日、中国北京の日本大使館で外国メディアの記者団にこのように述べた後、「今は中国と隣接したある国が似たような状況を経験しているようだ。その国の私の同僚たちに申し訳ない気持ち」だと付け加えた。THAAD(高高度防衛ミサイル)の配備をめぐって中国と対立している韓国について言及したのだ。

彼は「当時、日中の経済地位が逆転され、日本国内で一部の不安感が高まっている中で、中国で暴力的状況が起きたことにより、日本では中国に対する感情がかなり悪化した」としたうえで、「今も乗り越えたとは言えない。依然として苦しんでいる」と話した。 山本公使は2012年以後、中国で日本大使館は民間交流の支援など“公共外交”を通じて打開策を模索していると説明した。日本大使館は、中国の2大ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の微博と威信にアカウントを作り、政治・外交と無関係な日本旅行、大衆文化、食べ物などに対する情報を着実に提供した。現在、日本大使館のアカウントのフォロワーは約100万人で、駐中国外国公館のうちイスラエルやカナダ、米国に続き、4番目に多い。

山本公使は「他の国の日本大使館では、日本文化をよく知らない現地人のために文化イベントなどを開くが、中国では日本の大衆文化を楽しむ人たちが参加する」としたうえで、「多くの中国人が日本文化が好きだが、敏感な時期には公開的に話すことはできない。彼らの日本に対する愛情は“秘密恋愛”のようなものだ」と語った。

彼は来年の日中平和友好条約締結40周年、2022年の東京オリンピックなど、公共外交のレベルで記念できる年が続くと述べ、「状況を改善させる方法として意味があるため、雰囲気が悪い時ほどさらに力を入れる必要がある」と語った。“THAADによる軋轢”で悪化の一途をたどっている韓中関係は今年で国交正常化25周年を迎える。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26893.html

【管理人コメント】
日中関係というが、低迷する中国経済の中で、日本は中国依存度を下げてきた。中国を市場とする考えに変わりはない。あくまで工場リスクである。事あるごとに問題が起こり正常稼働できないのでは困りごとである。物流や高騰する人件費を考慮すれば、中国工場である必要がなくなったわけで、そういう意味でのリスク分散を実施してきた。とはいえ大半の企業は中国に進出している実態はいまだあるわけわけで、工場リスクという面では産業は限られつつある。

一方政治面では、日中という経済大国での競争は厳しいのだが、日本技術の土台は揺るぎないわけで、あえて韓国を利用する必要がなくなってきたのも事実。中国経済が本当に限界に来れば、中国政府は日本に寄り添うしか道はない。そういう意味ではまだその時期いとは言い難い。今は韓国から技術を吸い上げの途中である。その韓国も中国に対するネタ切れが近いわけで、いつまでも半導体と語っている状態ではない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月25日 08:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
支那の体制が..
 習近平独裁に近づいて来ているようですね、 それが支那の危機感からなのか、 習近平の野心の為なのか、 まぁ両方在るにはあって、 後者の理由の方がやや強いと言う事でしょうか?

 だからこそワテクシは、 共産主義や社会主義を希求する連中の気が知れないワケであるんすが、 だって左翼国家って結局そうなっちゃうでしょう。

 日本共産党も社民党も、 また民珍党の大多数も、 究極的には独裁を目指している、 少なくともコアに居る連中はそうだと思うし、 例えそんな気は今は無くても、 結局そうなるメカニズム的な欠陥が在るんだと思っちゃうワケです。

 そうでなくても支那は、 基本的に覇権体質を持っているように思うし、 それを共産主義という、 独裁国家化が可能な体制が補強しているように思えるワケです。

 そんな国の人権状況が良くなる筈は無いと思うし、 自国民でさえ、 一握りの特権階級を除けば奴隷か経済動物のような扱いなワケで、 ましてや他国の事なんか、 征服する対象以外の何者でもないと考えてると思うワケなんで在りまして、 左翼国家は基本的に、 その構造的にカントリーリスクを孕むモンだと考えます。

 従って、 なまじ実力をつけると牙をむくので在りまして、 生かさず殺さずにして置かないとまずいのだと、 愚生は馬鹿なりに考えるんでヤンす。

 右傾化が怖いなんて言ってるヤツらは、 その辺のトコ、 どう考えてるんでヤンすかね?

 愚生は、 自らの事を必ずしもガチガチの保守主義者だとは実は思ってなくて、 例えば主権はあくまで国民側に在るとは思うし、 左翼の指摘する事だって時には正しい事も在るとは思うけれど、 右傾化より事より左傾化する事の方が、 人権に取って、 よっぽど脅威だと考えちゃう。 だって支那や北鮮を見れば一目瞭然じゃないっすか。

 左翼が独善的なのも、 那辺にその理由が在ると思うな。

 だから、 車に例えると、 保守がアンダーステアで、 左翼がオーバーステア的に感じられ、 愚生的には、 弱アンダーステアくらいが最も快適に思える....つうワケなんで在ります。

 そういうワケで、 支那なんぞには、 とてもじゃないが信は置けないと考えちょります。 左翼主義は人権に取って、 最も脅威だと考えます。

[ 2017/03/25 11:52 ] [ 編集 ]
まずは番頭さんが
山本恭司公使
なんだか腰の低い番頭さんですね。
これは大使館内でのメディア向け広宣、
3日後の25日に赤間二郎総務副大臣が台湾訪問。
(これはまた日中がもめるネタ)

山本氏は在中公使がやれることを精一杯やったようだ。
中国外相は強気の王毅だから、これくらいの
軽さがちょうどいいのかもしれない。

王毅外相の強気加減は中国の不安定度のバロメーターです。
もちろん国が不安定になるほと王毅は強気。
[ 2017/03/25 20:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL