韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  セウォル号惨事の証拠「船尾ランプウェイ」はなぜ切り取られたのか

セウォル号惨事の証拠「船尾ランプウェイ」はなぜ切り取られたのか

政府がセウォル号船尾の左ランプウェイ(大型貨物室出入り口の可動橋)が開いたため引き揚げが難しくなり、これを切断したことをめぐり議論が起きている。セウォル号が事件当時、急速に沈没した原因を明らかにする重要な証拠物が損なわれたためだ。この1年6カ月間、引き揚げ業者の上海サルベージの潜水士たちが海底に数知れないほど潜り、テスト引き揚げまで行ったにもかかわらず、ランプウェイの問題に気付かなかったというのは納得し難いという批判が出ている。

イ・チョルジョ海洋水産部セウォル号引き揚げ推進団長は23日午後10時頃、緊急ブリーフィングを開き「セウォル号左船尾のランプウェイが本来閉まっていなければならないのに、開閉装置の一部が破損し、下方向に開かれた状態で発見された」と明らかにした。ランプウェイとは船舶の大型貨物室についている出入り口で、埠頭に着いた時に自動車などが出入りする橋渡しの役割をする。横7.9メートル、縦11メートル大で、乗船する時は開き船が出港すれば再び閉じる。海水部はランプウェイが開いた状態ではセウォル号を半潜水式の船舶に載せることはできないという理由で切断すると発表した。

海水部の説明はこうなる。左に横たわっているセウォル号の高さは22メートルだ。セウォル号を水面上に13メートルまで引き上げることになると、下の9メートルは水に浸かった状態になる。セウォル号を載せなければならない半潜水式船舶は水深13メートルまで潜水することができる。水に浸かったセウォル号部分が9メートルということを考慮すれば、半潜水式船舶が13メートル潜水したとき、余裕空間は4メートル程度である。

しかし、セウォル号の下にリフティングビーム(支え台)など各種装備が設置されており、4メートルの空間では作業するのにぎりぎりだ。ここに下に垂れ下がったランプウェイまであれば、セウォル号を半潜水式の棚に載せることはできないということだ。結局、徹夜作業の末に24日午前6時45分、船尾左側のランプウェイは切断された。

セウォル号惨事に関連する証言と資料を集大成した「セウォル号、その日の記録」によると、2014年10月の裁判でイ・ドンゴン韓国海海水部は一息ついたかたちだが、真相究明を要求する側は心配が大きい。船尾ランプウェイが持つ意味は重大だからだ。セウォル号は2014年4月16日、あまりにも急速に沈没したために大規模な死亡被害が出た。セウォル号がなぜこんなに早く沈没したのかは疑問として残っている。疑問を解く糸口になるのがランプウェイだ。船が傾いたとき、きちんと閉じていないランプウェイを通じて水が入ってきた可能性があるという証言が出てきたからだ。
(略)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26889.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、全羅南道珍島郡の東巨次島沖で2014年に沈没した旅客船セウォル号が引き揚げられた。写真は、24日早朝まで続いた左舷ランプウェイの撤去作業の様子。海洋水産部(省に相当)は24日午前6時45分、セウォル号船尾のランプウェイ撤去作業を終えたと発表している。

それを分析すれば判明するのではないのか…。それよりも2014年4月に韓国南西部・珍島沖で沈没した客船セウォル号の船体は25日未明、半潜水式の運搬船に積み込まれたと引き揚げ計画を統括している海洋水産省が発表したわけで、前例のない難事業となった引き揚げ作業は主要工程を終え、事実上成功したというが、これほど短い時間で実施出来たのに、なぜ今まで実施しなかったのかのほうが不疑問であるが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年03月25日 09:56 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL