韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  在韓米国大使・日本大使の空白、長期化の兆し

在韓米国大使・日本大使の空白、長期化の兆し

駐韓米国大使と日本大使の空白状態が2カ月を超えたことで、長期化は避けられないとの見通しが示されている。
駐韓米国大使はドナルド・トランプ政権が発足した今年1月20日以降、席が空いている。1月26日にマーク・リッパート前大使が帰国して以来、65日間も空白が続いている。しかし、まだ後任の大使指名が行われておらず、下馬評さえも聞こえてこない。駐韓米大使館は2カ月以上マーク・ナッパー大使代理体制で運営されている。

これに先立ち、昨年12月、トランプ米大統領は就任前の当選者時代に、すでにアイオワ州のテリー・ブランドステッド知事を駐中米国大使に内定した。さらに今月24日、金融事業家出身のウィリアム・ハガーティー氏を日本駐在米国大使に指名した。韓国を除いて北東アジア地域の主要外交ポストをすべて決めたのだ。

一部からは、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射を予告して核実験を断行する可能性があると見られる中、このような空白は、韓米協力に影響を及ぼしかねないとの懸念の声も上がっているが、外交当局はあまり気にしていない様子だ。ジョージ・H.ブッシュ政権からビル・クリントン政権に移行した1993年と、クリントン大統領からジョージ・W.ブッシュ大統領へと政権が渡った2001年にも、それぞれ8カ月間と6カ月間にわたる駐韓米国大使の空白があった前例があるからだ。ある外交部当局者は「主要な事項はワシントンで取り仕切っているため、特に困難はない」と話した。

駐韓日本大使の空白も長びいている。日本は昨年末、釜山日本総領事館前の「平和の少女像」が建てられたことに対する抗議の意味で、1月9日に長嶺安政大使を呼び戻した。鈴木秀生総括公使が大使代理を務めている。76日間が経った今まで、韓日関係は12・28「慰安婦」合意と釜山少女像をめぐり始まった膠着状態を抜け出せずにいる。さらに、大使の復帰のカギを握っている安倍晋三首相が最近、森友学園の敷地の取得に関わった疑惑などで、追い込まれており、大使の復帰を決定する余裕がないという分析もある。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26901.html

【管理人 補足記事&コメント】
アメリカの場合は、憲法裁判所の朴大統領弾劾案審判がトランプ政府の韓米関係設定に障害物として作用したわけで、東亜日報は、トランプ政府の新しいアジア政策が決定される任期初めに駐韓米大使が不在であることは、韓米関係の設定に悪影響を与えかねないとし、トランプ氏がすでに新任大使を指名した中国と日本に比べて韓国に対する関心が小さいことを示す事例という指摘もあるとした。

一方、日本政府は問題解決の鍵は韓国が握っているとして、引き続き一歩も引かない姿勢を見せている。朝鮮日報は、韓日両国間のあつれきは、歴史問題を超えて領土問題にも飛び火しているとし、岸田文雄外相は韓国の少女像設置推進について、「竹島(独島)は日本固有の領土」と発言し、これまで日本の閣僚は韓国を刺激しないよう遠回しな表現をしてきたが、直接的に領有権を主張していると報じている。もっとも慰安婦合意は韓国政府との合意であるから、一方的に約束をやぶる韓国側の責任であるから日本は毅然とした態度で臨むことである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月27日 09:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
不人気国
大使職には人気国と不人気国がある。
韓国は不人気国でしょう。
加えて、大使は日韓問題を扱うポジションではない。
[ 2017/03/28 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL