韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  セウォル号と共に浮かび上がった真実

セウォル号と共に浮かび上がった真実

3年前の2014年4月に韓国南西部の全羅南道珍島沖で沈没した旅客船セウォル号が25日夜、半潜水艇「ホワイトマリン」号の甲板上に完全に姿を見せた。船底部分には複数の傷や一部破損した部分が見受けられるものの、全体としてはほぼ原型をとどめていた。セウォル号は左側が下になった状態で引き上げられたが、高さ2.4メートルのリフティングビームと台の上に載せられているため、現在下になっている部分についてもほぼ目視で確認できる状態だ。韓国海洋水産部(省に相当)の関係者によると、この船体の左側面にも特に大きく破損した部分はないという。

セウォル号が突然沈没した原因についてはいまだに解明されていない。セウォル号は沈没当時、違法な改造によって船体の復元力が失われた状態にあり、しかもそこに規定の2倍以上の貨物が積まれていたことがすでに分かっている。しかもそこからさらに貨物を積み込むため、平衡水まで抜かれていたという。この過積載された貨物によって船体のバランスが失われ、最終的に沈没したとの見方が今のところ有力だ。またこれらの荷物が積まれる時のチェックもずさんで、海洋水産部から天下ったOBらがオフィスから望遠鏡を使って目視するだけだったという。 

これら一連の事実はこれまで行われた捜査や裁判を通じてすでに明らかになっているが、それでも根拠のないデマは次から次へと登場した。例えば沈没直後に広まった米潜水艦との衝突説は、後に韓国海軍潜水艦との衝突説に変わって一層大きく広まった。また昨年末もあるテレビ番組がネットに書き込まれた単なる推測を特集番組で紹介した。


スポンサードリンク


この書き込みを行ったネットユーザーは「沈没当時、レーダーに映し出された未確認物体は潜水艦だ」などと主張したのだが、これについて韓国軍当局は「セウォル号に積まれていたコンテナが落ちたもの」と説明した。しかしこの説明は全く受け入れられず、その後もデマは拡散を続けた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/27/2017032700970.html

【管理人 補足記事&コメント】
それ以前に違法改造された客船である。それだけでも大問題となる。過剰制裁でトラックが横転するのと同様だろう。固定も手抜きで、荒波で旋回し、過剰に積まれた荷物が動けば、違法に改造され重心が高くなった客船では、こらえられないのではないか…。当時にすでに何度も原因を掲載しているはずで、今頃何を掲載しているのか不思議でならない。

韓国メディアは当時の報道と検証において、報じたことすら学習できないのでは困りごとであるが…。記事ではセウォル号が突然沈没した原因についてはいまだに解明されていないというが、セウォル号は沈没当時、違法な改造によって船体の復元力が失われた状態にあり、しかもそこに規定の2倍以上の貨物が積まれていたことがすでに分かっていると掲載している。むしろ問題はなぜ舵を切ったのか…。そのことは船長が語っていたのではなかったか…。

さらに言えばその場所で、しかも同じ客船で、大きく船体が傾き、沈没しかけた経験をしているはず…。従って一度や二度ではないという事だ。起こるべくして起きた事故と言える。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月27日 10:50 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
 まぁ、 過積載と ケンチャナヨ & パリパリ荷役でもってトップヘビーになって、 更に雑な操船で積み荷も暴れ、 左右方向のバランスも崩れて、コケた。 そんなトコなんでしょうけど。

 問題は、 その後、 規制強化とか監視強化がなされたのかという点。

 やってねえんじゃないですかね?

 今でも、 なあなあなんでは?

[ 2017/03/27 12:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp