韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国のインターネット設置・修理労働者が正社員に

韓国のインターネット設置・修理労働者が正社員に

超高速インターネット回線業者のSKブロードバンドと委託契約を結んだ協力企業などが個人事業者形態で仕事をしてきたインターネット設置・修理技能者を正社員として直接雇用する。SKブロードバンドの協力業者であるホーム顧客センターの労使は、個人請負形態で仕事をしてきたインターネット設置・修理技能者1千人あまりを31日までに正社員として採用する内容の協約式を27日、国会議員会館で開いた。協約が結ばれるに当たって、チュ・ヘソン正義党議員が仲介した。

昨年9月、SKブロードバンドのホーム顧客センターと請負契約を結んだインターネット設置・修理技能者が電柱上で作業中に墜落して亡くなった後、インターネット設置技能者の劣悪な労働条件と個人請負形態の契約に問題があると指摘された。個人請負形態でケーブルテレビ、インターネット、固定電話の設置や修理をさせることは情報通信工事業法違反という指摘も出た。情報通信工事業法は、情報通信設備の設置・維持事業者は1億5千万ウォン(約1500万円)以上の資本金と事務室を保有しなければならないと規定している。個人事業者として登録し請負契約を締結する設置・修理技能者の大部分はこのような条件に合致しない。

希望連帯労組に加入した設置・修理技能者は約9000人だ。このうち請負契約を締結している技能者はLG U+に約1300人、Tブロードに700人、ディルライブに200人など計2700人あまりと推算される。希望連帯労組に加入していないがCJハロービジョンには2000人以上が請負契約を締結していることも分かった。


LG U+は今年上半期までに設置・修理技能者の正社員化を推進する計画だ。LG U+関係者は「地域別顧客センターと協議していると承知している」として「ソウル地域は今月末までに正社員に切り替える予定で、地方は上半期までに正社員転換を終える計画」と明らかにした。

一方、Tブロードは請負契約が2015年末に比べて2倍以上に増えたことが分かった。希望連帯労組のチェ・ソングンTブロード非正社員支部長は「元請業者のTブロードが、下請業者の顧客センターに対し固定的に支給した手数料の体系を、工事1件当たりの体系に切り替えたため」として「請負に切り替えれば多く稼げると言って請負契約を強要している」と主張した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26919.html

【管理人 補足記事&コメント】
請負契約とは、当事者の一方がある仕事を完成することを約束し、相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束する契約をいう。日本では不動産業によく使われる言葉である。依頼を受けた者(請負人)がある仕事を完成することを約束し、その注文者がその仕事に対して報酬を支払う契約を「請負契約」という。日本では不動産職人が一人親方という実態があり、問題視されているわけで、家を建てるのに、内装から家を建て外装に至るまで、個々の職人が存在するが、個人事業主扱いとなる。

あまりに多くの人材のために年金制度もままならないわけで、政府はこの問題を置き去りにしたままである。日本とて不動産業は特に社員制度が遅れている産業でもある。昔のまま今日まで来ている。営業や設計は企業化しても、家を完成させる実務は不安定要素を抱えたままである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月29日 10:13 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp