韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国1人当り国民所得11年連続2万ドル台

韓国1人当り国民所得11年連続2万ドル台

昨年、韓国の実質国内総生産(GDP)成長率は2.8%で、2015年に続き2年連続で2%台に留まった。1人当り国民総所得(GNI)も2万7千ドル台に終わった。特に国民所得のうち家計と企業の持分が減った反面、政府持分は大幅に増えたことが分かった。家計は消費を減らし、企業は設備投資を減らすなど腰のベルトをきつくしめたが、政府だけが税収好況を享受したわけだ。

韓国銀行が28日に発表した「2015年国民経済計算(確定)および2016年国民経済計算(暫定)」資料によれば、昨年の実質国内総生産成長率は2.8%と暫定集計された。これは2015年と同じ水準で、1月に発表された速報値より0.1%p上方修正された数値だ。これにより韓国の経済成長率は最近5年間で2014年(3.3%)を除いて4年間2%台に終わることになった。

1人当り国民総所得は2万7561ドル(3198万4千ウォン)で、前年(2万7171ドル)より1.4%(390ドル)増えた。1人当り国民所得が小幅に増えはしたが、3万ドル達成は失敗に終わり、2006年(2万795ドル)に2万ドルを初めて突破した後、11年間にわたり2万ドル台で足踏みしたわけだ。国民総所得は、実質的な国民所得を測定するために国内総生産に交易条件の変化を反映した指標だ。

さらに大きな問題は、国民所得のうち民間部門である家計と企業の比重が減った点だ。昨年の国民総可処分所得(名目基準)1632兆6千億ウォン(約163兆円)のうち、政府所得は376兆8千億ウォンだ。前年より9.5%増加した。反面、家計と企業はそれぞれ929兆6千億ウォンと326兆2千億ウォンを記録して、増加率がそれぞれ4%と0.5%に終わった。 これに伴い、政府所得の比重は昨年の23.1%から1.1%p増加した。一方、家計(56.9%)は0.3%p減り、企業(20%)も0.8%p減少した。企業所得には不況で困難をきたしている自営業者の所得も含まれる。

また支出も政府が主導した。昨年の国内総生産のうち最終消費支出は2.9%増えた。 これは前年度(2.4%)より0.5%p増えた水準で、政府が健康保険給付費などの支出を4.3%増やしたためだ。一方、民間消費支出は2.5%の増加に終わった。家計は家計負債の急増など未来に対する不安感のためか貯蓄を増やした。純貯蓄は81兆8千億ウォンで、前年より2兆5千億ウォン増加した。ただし家計純貯蓄率は2015年と同じ8.1%だった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26918.html

【管理人 補足記事&コメント】
それだけ付加価値の高い仕事を実施していないという事である。韓国の限界値であるから、3万ドルは夢のような話となる。GDPの70%は財閥上位企業であるから、依存度の高さが伺える。それでいて雇用は中小企業雇用率88%であり、内需を育てられない国であり、結果として貿易依存度が高くなる。日本の中小企業は、部品製造技術力は非常に高い。大手企業がその分野で付加価値を生み出せないわけで、中小企業と大手企業の付加価値はともにガイドラインは明確である。

とはいえ、日本の中小企業も老朽化と設備不足になりつつあり、挙句に熟練者不足の時代となった。日本の中小企業も投資の時代へ突入している。経営も世代を超え、新時代となりつつある。そんな中で、日本の国民総所得は、5,078,764,930,197ドルで、世界ランキングの順位は3位。ランキングの1位はアメリカの17,057,500,000,000ドル、2位は中国の9,196,167,747,636ドル、3位は日本の5,078,764,930,197ドルとなる。

実質GDPは1年間に国内で生産される付加価値の実質総額だ。これに対して、実質GDIはGDPから交易条件の変化で生じる交易利得を加減したものであり、実質GNIはそのGDIに対外的な所得(主に配当と利息)の受取と支払の差額である国際収支上の所得収支を加えたものである。多少の不確実性をはらみながらも、日本経済は2015年に順風局面に入り、実質GDP成長率は通年で1.5%前後でも実質GNIでは3%前後の高成長が期待できるとしている。 とはいえ日本の一人当たりのGNIは4万ドルに届いていない。今後に期待したいところであるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月29日 10:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL