韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国主導AIIB、払込資本金は6.8%止まり

中国主導AIIB、払込資本金は6.8%止まり


お勧め記事


中国主導で昨年1月に発足したアジアインフラ投資銀行(AIIB)は徐々に規模を拡大している。AIIBが推進する事業は大型化し、組織規模も今年末までに2倍程度に拡大する予定だ。しかし、加盟国が払い込んだ資本金が上限の6.8%にとどまるなど、まだ道のりは遠いとの評価も聞かれる。

AIIBは米国、日本がそれぞれ主導する世界銀行、アジア開発銀行(ADB)などに対抗するため、中国主導で57カ国が参加して設立された。2013年に中国の習近平国家主席がインドネシアで提唱し、アジア太平洋地域の開発途上国のインフラ投資支援を目標としている。主な加盟国は韓国をはじめ、インド、ロシア、ドイツ、フランス、ブラジル、英国などだ。韓国の出資比率は3.81%で、創設時の加盟57カ国で中国、インド、ロシア、ドイツに次ぐ5位だ。今年6月には済州島でAIIBの第2回年次総会が開かれる。韓国は同総会が終了後、1年間にわたりAIIB総会および代表会議の議長国を務め、アジア地域のインフラ開発と経済成長に関する論議を主導する。

AIIBは昨年6月、4件の大型事業を承認し、実質的に機能し始めた。初の事業はタジキスタンの首都ドゥシャンベとウズベキスタン国境を結ぶ道路の改善事業で2750万ドル(約30億5000万円)の融資を承認した。その後、バングラデシュ・ダッカ地域の電力供給改善・拡張事業(1億6500万ドル)、インドネシアの都心スラム環境改善事業(2億1650万ドル)、パキスタンのショーコットとカネワールを結ぶ全長64キロメートル、4車線の高速道路建設(1億ドル)などの事業が続いた。12月にはオマーン東岸のドゥクム港湾開発事業に2億8000万ドルの資金を供給することを決め、融資規模は当初の10倍に膨らんだ。


スポンサードリンク


組織も拡大している。2月末現在で職員は韓国人6人を含む85人で、今年末までに154人まで増員する計画だ。AIIBは今月初め、アイルランド、カナダ、香港など13カ国・地域の参加を承認し、ギリシャ、アルゼンチンなど14カ国の承認を検討中だ。ただ、新しい組織だけにまだ不備な点もある。AIIBの授権資本金(資本金上限)は1000億ドルだが、実際に払い込まれた資本金は68億ドル(昨年12月現在)にすぎない。AIIBがADBなど既存のの多国間開発銀行と協調可能なプロジェクトを優先するとの分析もある。設立間もないため、リスクを抱えるのではなく、安定的な事業に参入したい狙いとみられる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/29/2017032900644.html

【管理人 補足記事&コメント】
ADBの金融報告書によると、ADBの対中融資残高は2015年末で233億8500万ドルに上り、中国は最大の借り入れ国である。そのうち未実行額は76億7000万ドルもある。昨年中に承認した新規分は20億5000万ドルという。AIIBの設立協定が北京で締結されたその年にADBは新規に20億ドル以上も中国に追加融資を決めている。中国は「豊富」と自称する外貨準備を誇示しながら自らの主導でAIIBを設立し、アジア各国に融資するとした一方で、ADBから借金を続けている。ADBからの新規借り入れはAIIB融資額の4倍にも達する。もちろん、ADBからの借り入れは中国国内のインフラ整備に使う建前だが、外貨収支上は同じ帳簿に掲載される事になる。

ADBは日本が最大の出資国であり、財務官僚OBが歴代のトップを務めている。習近平政権はアジア全域を影響下に置く膨張戦略を展開しており、軍事に転用できる道路、港湾、鉄道、通信網建設を実施できる。AIIBはその一環ともいえる。安倍晋三政権が米国とともにAIIBに参加せず、日本主導のアジア・インフラ支援を推進するのは当然と言える。一方で産経ニュースは、日本政府が送り込んだ中尾総裁が中国主導のAIIBに助け舟を出すとし、鳩山由紀夫元首相もAIIB顧問格に名を連ねる事で、北京はさぞかし対日工作の成果に笑んでいると報じているが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月29日 11:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp