韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SK、中国内のバッテリー工場稼動中断…製造業まで“THAAD報復”

SK、中国内のバッテリー工場稼動中断…製造業まで“THAAD報復”

SKイノベーションが中国北京に合弁で設立した電気自動車用バッテリー工場「ベスク(BESK)テクノロジー」の稼動が今年はじめから全面中断されていた事実が遅れて明らかになった。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復である可能性が濃厚で、観光・流通領域を越えて、製造業まで経済報復がすでに広がったのではないかと憂慮されている。

SKイノベーションは29日「年初から北京工場が中断した状態」と明らかにした。SKイノベーションは2013年に中国の北京自動車などと共にベスクテクノロジーを設立した。 SKの忠清南道瑞山(ソサン)工場で生産した電気自動車用バッテリーセルを輸入して、パックに組み立て、完成後に北京自動車に供給する工場だ。SK側は「ベスクの稼動と運営は持分60%を持っている北京自動車など協力パートナーの戦略により決定されるもので、THAADと直接結びつけて解釈するのは適切でない」と話した。

だが、北京工場の稼動中断は、昨年末に中国当局が取った韓国産電気自動車用バッテリーに対する補助金支給中断と関係がなくはないという。業界関係者は「中国当局が昨年末『あえて韓国で作ってきたバッテリーを使い続けるのか』と中国の自動車メーカーに圧迫性指針を下し、これに伴い北京自動車も『当分は韓国で作ったバッテリーを受け取らない』と通知したと理解している」と話した。

同じく電気自動車用バッテリーメーカーのLG化学とサムスンSDIも中国で大きな打撃を受けているという。韓国産セルを使った中国の自動車メーカーが政府の補助金を受けられないことになる憂慮が台頭すると、今年はじめから韓国産バッテリーの発注を大幅に減らし、そのためにLGとサムスンも販売物量が大きく減った状況だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26927.html

【管理人コメント】
今の中国は自国経済維持で必至な状態だ。半導体の輸入だけで莫大な赤字となっている中国である。自国企業技術で対応するべく中国政府が必死になっているわけで、自国企業で、国内で自国民が消費し、資金循環を形成するべく体制を整えている。がしかし、自国技術という面で問題がある。中国はそれほど技術が高いわけではない。日本の土台技術や世界企業技術が存在してこその市場であるから、自国で何としようとすれば、国の発展は難しくなる。

しかし半導体事業や造船業と言った部分で数千社が倒産しているわけで、その状況は打開する必要がある。バッテリーにしても同様だろう。人件費高騰の中国では、今後世界企業と連携する技術と、自国で対応する技術の区分けは必要だが、付加価値土台を持つ日本とのFTAやEPAなどは政府間でしっかり外交すべき問題となる。一方韓国は中国にとって使い捨てとなる国である。使い道の薄れた韓国に興味はないわけで、一部の企業技術だけにしか関心はないのではないか…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年03月30日 09:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL