韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  東芝買収、SKハイニックスなど3社の争いか

東芝買収、SKハイニックスなど3社の争いか

日本最大の半導体企業である東芝の半導体メモリー事業買収競争は事実上、韓国のSKハイニックス、米国のウエスタン・デジタル、マイクロン・テクノロジーという3社に絞られた。半導体業界と海外の報道によると、29日正午に締め切られた売却入札には、3社のほか、中国の清華紫光(清華ユニ)集団、台湾積体電路製造(TSMC)、ヘッジファンドのベインキャピタル、シルバーレーク・パートナーズなど計10社余りが参加したことが分かった。SKハイニックスは日本の財務的投資者と共同で出資方式で入札に参加したとされる。

東芝は原子力発電所事業による巨額の損失を埋めるため、半導体事業部を分社後、株式の50%以上に経営権プレミアムを上乗せして売却する計画だ。買収価格は最大2兆円に達するとみられる。東芝は入札提案を検討した上で、2-3社を対象に本入札を実施し、6月にも優先交渉対象者を選ぶ方針だ。 業界では買収競争がSKハイニックスと米国2社に絞られるとみている。清華紫光集団は28日、中国の国策銀行である国家開発銀行(CDB)などから1500億元(約2兆4200億円)を調達し、東芝買収に強い意欲を見せているが、日本政府は技術流出を懸念し、中国系企業を売却先から排除する方針を立てているとされる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/30/2017033000635.html


【管理人 補足記事&コメント】
東芝が分離するメモリ新会社の売却で、29日の1次入札締め切りを前に、買い手候補が7000億-1.8兆円のレンジで出資を検討しているようだ。関係者によるとメモリ会社買収には、米ウエスタンデジタルやキングストン・テクノロジー、マイクロン・テクノロジー、台湾の鴻海精密工業、韓国半導体のSKハイニックスや米ファンドのベイン・キャピタルやKKRなどが興味を示している。東芝幹部によると、その数は10社程度に上るという。

「東芝メモリ」は東芝から分社化して4月1日に設立される。同社は米原発事業で追加損失が発生する可能性も見極めながら、全株売却も視野に手続きを進める。関係者によると、買い手側が検討している買収額は、取得する株式の割合などに応じて約7000億円から1.8兆円の幅の中にあるとし、政府系金融機関も動いているという。複数の関係者によると、日本政策投資銀行はメモリ新会社への出資を検討。特別目的会社(SPC)を作って米投資ファンドなどから出資を募るなど複数の選択肢を模索しているとの事。ファンドと連合を組む場合は、過半の出資となる可能性もある。

一方、東芝幹部によると、同社は官民ファンドの産業革新機構からの出資を歓迎する姿勢を示している一方で、買収に関心を示している約10社のうち一つは革新機構かどうかの特定を避けている。だが、買収額が7000E億円から1.8兆円の幅があるというのもの凄い。一番の高値で売却するしかないだろう~。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月30日 10:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
いずれ敵になる
今は米国を介して間接的に同盟しているとはいえ、 南鮮は潜在的には敵に間違いなく、 文在寅(ムン・ジェイン)が大統領になったらどうなるかも分からない、 事は産業界ばかりか安全保障にも関わる問題なのだから、 日本政府にも、 もっと本腰を入れて貰いたいモンです。 なんなら公的資金を注入して、 一時的に国営ないしは国策会社にしても良いのでは? なんて、 愚生は馬鹿だから思います。

ウエスチングハウスだって同様で、 あっこの原子炉は確か、 米海軍の空母や潜水艦に使われていたと思います。 こっちも日米内でなんとかするしかない、 支那に渡ったら大変な事になりますから。
[ 2017/03/30 16:16 ] [ 編集 ]
どこかへ高値で
とにかく、経営に失敗して大赤字だから事業の切り売り。

東芝の事業構成

エネルギーシステムソリューション社:電力
インフラシステムソリューション社:鉄道、エレベータ
ストレージ&デバイスソリューション社:電デバ(メモリ)
インダストリアルICTソリューション社:管理システム

この4事業を眺めて分かるのは、電デバという部品事業だけが異質。
会社全体の方向性から言うと、電デバは切り離してもいいが、
なにしろ売上の26%だから企業規模を維持するためには切り離せない。
経営陣はそう考えているでしょう。
だが、電デバはいまどき、重電上がりの大インフラメーカがあくせく
汗を流す事業ではないような気がします。

問題は軍事に転用可能な技術があるかどうかですが、
この問題も今さらという感じ。基礎技術があれば、設計と、
材料、工程のコントロールで軍用部品は作れる。
なので、心配すべきは工場よりも東芝の頭脳集団がどこへ
行くかです。
[ 2017/03/31 18:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp