韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  開幕まで11カ月 運営費300億円足りない・・・韓国経済の不確実性が過去最悪

開幕まで11カ月 運営費300億円足りない・・・韓国経済の不確実性が過去最悪


お勧め記事


2018年2月9日の開幕まで残り11カ月となった平昌五輪を覆う難問は晴れるどころか、混迷の度合いを深めるばかりだ。五輪組織委員会の李煕範(イ・ヒボム)委員長は3月14日、五輪運営費が3000億ウォン(約300億円)不足している現状を明らかにした。ところが、韓国経済は2月の失業率が5.0%で7年ぶりに最悪を記録するなど厳しい。米シカゴ大経営大学院教授が最近、韓国で行った講演で韓国経済の不確実性は過去最悪と指摘した。とても運営費を支援してもらえる状況とは言えそうにない。

韓国通信社・ニューシスなどによると、組織委の李委員長が3月14日に明らかにした平昌五輪の財政計画では、歳出が2兆8000億ウォン(約2800億円)なのに対し、確定した歳入が2兆5000億ウォンだという。3000億ウォンが不足する。李委員長は「どのように赤字を埋めて均衡財政を達成するかが、今年の課題だ」と強調した。

李委員長は昨年6月、2兆2000億ウォンと見積もった五輪招致当初の運営費に対し6000億ウォンが不足していると説明していた。競技場などの建設費の膨張や入場券の販売金額などが現実と合致せず、修正を余儀なくされたという。マーケティング収入を30%増額させることなどで2000億ウォンを賄う計画を示した。残り4000億ウォンに関しては、金融機関や公共機関に後援を要請しカバーする考えだった。


スポンサードリンク


これに対し、公営企業・韓国電力公社は五輪スポンサーが目的外の事業であり、株主の集団訴訟の可能性があるなどとして否定的な考えを韓国メディアに示していた。さらに、五輪事業に朴槿恵前大統領の友人で国政介入事件の“黒幕”とみなされている崔順実被告の一族が利権を求めて絡んだマイナスイメージが影響して、企業支援は遅々として進まず、依然として3000億ウォンの溝を埋められない状況になっている。

李委員長は「政府、国際オリンピック委員会(IOC)などと協議中」(ニューシス)と語った。聯合ニュースによると、5月9日に投開票される大統領選に立候補を予定する「共に民主党」前代表、文在寅(ムン・ジェイン)氏は3月18日、大統領に当選した場合、「首相を委員長とする平昌五輪支援委員会を稼働する」とし支援を約束。野党第2党「国民の党」の朴智元代表らは同6日に平昌五輪の開催成功を目指し「補正予算の確保など五輪開催に支障がないよう積極的に支援する」と約束したという。
http://www.sankei.com/premium/news/170329/prm1703290005-n1.html

【管理人 補足記事&コメント】
いつしか忘れられていた平昌五輪だが、3000億円不足というレベルではないのではと思うが…。実施すれば韓国はとどめ打ちだろう。問題を抱える平昌オリンピック、なんでこの地で開催されることが決まったのかも問題だが…、後の祭りである。オリンピック史上初の中止という事態になれば、開催国の韓国ばかりではなくIOCも非難の声の嵐となりそうだが…。

現実は中止に動いているという情報もある。日本に部分委託する話もある。300億円不足というレベルの話ではないわけで、根本的に無理だろうという話が消えて、またうやむやになりそうだが…。まして今の韓国経済で実施すれば、経済効果どころか、損失効果のほうがはるかに大きいのではなないか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年03月30日 11:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
会場、空港から会場まで・会場間の移動手段方法、宿舎、ボランティアの確保等々
金額以上に決まってない事多いんじゃない?
[ 2017/04/01 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp