韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  指導者たちは知っている・・・日本の部品なしに自動車が作れない

指導者たちは知っている・・・日本の部品なしに自動車が作れない

中国メディア・今日頭条は3月31日、「日本の自動車部品製造は世界をリードしている 中国はその背中を眺めることしかできない」とする記事を掲載した。記事は「世界を見渡すと、日本の機械製造にはほとんどライバルがいない。特に自動車部品ではなおのこと世界のトップを行っている」としたうえで、2011年の東日本大震災では日本の自動車部品供給が滞った際、ドイツの自動車企業が一度生産停止を余儀なくされたと紹介。「日本の部品工場が生産停止したことで、エンジンやABS、エアバッグなどの重要な部品の供給が逼迫したからだ」と説明した。

また、自動車に大量の自動車部品が使用されるなか「電子産業の発達した日本は電子チップ、トランジスタの生産で独占的地位を確保しており、半導体やICなどの高付加価値な自動車部品市場を掌握しているのだ。さらに、車載電子システムやディスプレイなども基本的に日本製品が天下を統一している状況だ」と伝えている。その上で「経済がグローバル化している今日、中国が日本製品を全部排除しようとしてもそれはほぼ不可能だ。日本製品はもはや欠くべからざるところまで来てしまったのだ。それは、指導者たちも知っているのである」と論じた。

記事を読んだ中国のネットユーザーは「日本の実用技術には、100年経っても追いつかない」、「他の分野は分からないけれど、鋼の精錬技術では30年遅れている」、「日本との差を直視しなければならない」とのコメントが寄せられた。また「中国にも1番はあるぞ。ニセモノ製品だ」、「日本人は『実』を大切にし、中国は『虚』を重視している」といった皮肉めいた感想もあった。
http://news.searchina.net/id/1632696?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本との差を年数で語るのは難しい。中国の企業と市場の在り方が重要で、企業技術は日本技術が土台である以上、そこから抜け出すのは無理だろう。同時に13億人と言う市場をしっかりと捉えているのが、自動車産業であり、エンジンを作ることができない中国企業では、三菱のエンジンを搭載し、自国でカバーするよりは、日本企業と提携して雇用維持に努めたほうが得策である。自国企業に頼りすぎれば、日本企業と競合し競争するわけで、その時点で中国企業は倒産の嵐となるだろう。

日本技術を利用したほうが、中国と言う国の体質上、得策である。付加価値やサービス面で中国政府がどういうサービス展開を実施するのかで、新たな自国内産業を見いだせるのだが、そういう考え方は今のところ見当たらない。本業より副業で働く中国人である。人件費が高騰しても、まだまだ大半は政府資金となるわけで、国の構成と企業構成が分離し、しっかりとした社会構成ができない限りは無理である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月02日 10:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
パクリ
この記事は2年半前の人民日報のパクリです。
再登場する理由は何だろう?

人民日報 2014-12-29
中国自動車部品市場 日系メーカーなどの独占に問題
http://jp2.mofcom.gov.cn/article/bilateralcooperation/bilateralagreement/201412/20141200851223.shtml

日本製部品を使うのは上級グレードの車でしょう。
自動車需要を押し上げているのは地方・農村の自動車需要で
自前の部品で間に合う範囲で増産。元安になると輸入品は
高くなるし。
[ 2017/04/02 22:02 ] [ 編集 ]
支那の横柄な態度が目立ちますね!
 支那の真意は那辺に在るんで
しょうか? 実は自信の無さの
裏返しだったりしないでしょう
か? 野心を隠せなくなって来
ていると言うのも在るでしょう
けど、 何れにしても、 身の程を
知らないっつうか、 朝鮮人もそ
うですが、 ちょっと調子がいい
と直ぐに図に乗っちまって、 一
度図に乗ると仲々改めてられず
、 ふんぞり返って傷を深めてし
まう、 ダボス会議や全人代での
習近平や李克強の振る舞いや発
言、 身の程知らずっつうか、 な
んつうか..。

  例えばこんな記事。
     ↓↓↓
──────────────
「中国は自由貿易主義だ」…習
近平氏の言葉を逆手にとれ!
大甘過ぎた米国が目覚めれば
他国追随も
産経新聞特別記者・田村秀男
産経ニュース [2017.04.01 14:00]
http://www.sankei.com/economy/news/170401/ecn1704010018-n1.html
     (抜粋)
 習氏は 「保護主義を追い求め
ることは、 暗い部屋に閉じこめ
るようなもの」 (1月/世界経済
フォーラム=ダボス会議=での発言) と
大見得を切った。 実際には、 中
国こそは 関税・非関税両面での
貿易障壁を張り巡らせている。
市場は共産党官僚の裁量次第で
不透明きわまりない。
──────────────
中国に迫る経済大崩壊
人民元暴落は時間の問題
、 大混乱は必至
[ジャーナリスト 宮崎正弘]
産経ニュース [2017.03.30 11:30]
http://www.sankei.com/world/news/170330/wor1703300020-n1.html
     (抜粋)
 外貨準備を減らさない為に、
資本規制という禁じ手を用いる
一方で、外貨交換は年間5万ドル
(約560万円)以内に制限した。

 そのうえ、「銀聯(ギンレン)カード」
の新規発行停止。 500万ドル(約5
億6270万円) 以上の海外送金を
許可制として事実上禁止し、 海
外旅行に出ようと銀行に両替に
行くと、 「ドルはありません」 と
言われる。

 日本企業も、 中国からの利益
送金が来なくなって悲鳴を挙げ
ている。

──────────────
 WTO の問題はあるけど、 そろ
そろ 「お灸」 を据えなくて良い
んでしょうか?

[ 2017/04/02 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL