韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  外国で爆買いする中国人に対し、外国人が中国で買って帰るモノ

外国で爆買いする中国人に対し、外国人が中国で買って帰るモノ

中国人観光客が日本にやって来ると、お菓子や化粧品、家電製品をお土産に買って帰るケースが少なくないようである。では逆に、日本人が中国へ旅行した場合、どんなものがお土産として好まれているだろうか。

中国メディア・今日頭条は1日、「中国人が外国で爆買いしているが、外国人は中国に来て何を買うのか」とする記事を掲載した。記事は中国を訪れた外国人観光客がよく買って帰るとされるお土産として茶葉、廉価な雑貨、白酒(パイチュウ)、量り売りのお菓子、扇、チャイナドレス、絹織物の7種類を挙げ、それぞれ人気の理由について紹介している。

雑貨に関しては何とも言えないが、残りの6点は確かに中国旅行帰りの日本人観光客のトランクに入っていそうなものばかりである。ツアーでは茶葉や絹織物などの店に立ち寄り、観光客に購入を促すケースも少なくなさそうだ。このほか、兵馬俑やパンダのチョコレートを買って帰る人も結構いるのではないだろうか。

記事を読んだ中国のネットユーザーが挙げた「お土産」はもっと生々しい。「若い外国人教師は海賊版ディスクを大量に買って帰った」、「外国人は中国で各種偽ブランド品を買うのが好きだ」とのことである。旅先のお土産は記念に残る美しい物、質の良い特産の雑貨、食品などが定番だ。しかし、中国旅行のお土産となると、特に初めて中国に行く人は「怪しい物、変な物」を求める傾向がありそうだ。中国国内の観光業をさらに発展させるには、観光客が買って帰りたいと思うお土産を積極的に研究開発すべきかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1632708?page=1

【管理人コメント】
わざわざ環境汚染のひどい中国に行き、命を縮める事も無いだろうと思うが…。
今の中国で旅行者のお土産開発を実施しても効果は薄い。しっかりと旅行ができる国つくりにしないと、中国政府も他国の技術と共存し、経済成長を維持するすべを理解すれば、今後新たな市場開放を実施する時が来るわけで、それまでに中国への旅行者に対する対応は不可欠となる。現状は中国から海外に旅行する中国民は増え続けているわけで、当然自国で働いて貯めた資金は海外に出る事になる。その理由の1つに環境汚染があるわけで、しっかりと対応願いたいと思うが…。

同時に韓国からも仕事を求め訪日する韓国民も増える。
日本は中国人と韓国人でごった返す国と化すのでは…。
日本政府は特に韓国の訪日について、取り決めを急いでほしいものだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月03日 11:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
仕方ないです。
中国人は観光より買い物メイン。
外国人は(日本も含め)観光がメイン。
私も旅行は観光がメインです。
各国の世界遺産や凄いものを見たいです。買い物はお土産と見て欲しいなぁって思ったものを買うだけ。
中国人は買うものを事前に決めてきている。
[ 2017/04/06 18:20 ] [ 編集 ]
あれは買出し
みやげ物("souvenir"スーベニール)というのは本来、
記念の雑貨品であって、中国人が家電や日用品を大量に
買うのは、「買出し」です。
海外旅行の買い物の話に、みやげ物と買出しを一緒に
並べるからおかしくなる。

記事の後半、中国側の観光マーケティングは
「ディープな中国」をウリにしようという提案だ。
なんか、しょぼい話です。
[ 2017/04/07 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL