韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人観光客は減ったが外国人観光客は増えた

中国人観光客は減ったが外国人観光客は増えた

中国の高高度ミサイル防衛システム(THAAD)を巡る報復措置により、中国人の団体観光客は減少したものの、年明けから先月までの全体外国人観光客はむしろ増加したことが分かった。日本と東南アジアからの観光客がその空白を埋めたためだ。しかし3月以降は、中国人観光客減少の衝撃が一段と大きくなっており、対策作りが急がれるという指摘が出ている。

5日、文化体育観光部(文体部)は、今年第1四半期(1~3月)に韓国を訪れた外国人観光客は371万9000人で、前年同期比3.2%増加したと暫定集計値を明らかにした。中国人は152万8000人で前年同期比9.1%減少したが、非中国人観光客がその空席を埋め合わせた。日本人は61万4000人訪問して前年同期比21.5%増加し、△香港や台湾などの中華圏(13.4%)、△アジア(タイ、ベトナム、シンガポールなど)・中東(12.7%)、△米州・欧州(8.6%)などもたくさん増えた。

当初懸念していたよりは善戦したものの、安心するにはまだ早い。中国のTHAAD報復措置が本格化した先月だけを見れば、中国人観光客は39.4%も減少した。中華圏(2.5%)とアジア・中東(9.8%)観光客増加も伸び悩んでいる。

これにより、政府は、非中国人観光客誘致に積極的に乗り出す計画だ。文体部は今月8日と9日に、ベトナムのハノイで韓・ベトナム国交25周年を記念して「韓国文化観光大典」を開く。続いて、△27~30日にシンガポール、△5月に日本の東京、△8月に英ロンドン、△9月にカザフスタンのアルマティ、△10月に米ニューヨーク、△11月にインドのニューデリーなどで観光客誘致行事を開催する。7月から海外広告も大々的に実施する計画だ。

またタイ語やベトナム語、マレーインドネシア語、アラビア語の4つの言語観光通訳案内士試験の合格基準を緩和したのに続き、移住者の観光通訳案内士資格取得も支援する予定だ。また、△ご褒美(インセンティブ)観光支援の拡大、△非中国適合型商品開発、△海外での「コリアフェスタ」の新設なども推進する計画だ。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/890736/1

【管理人 補足記事&コメント】
2016年12月27日、韓国を訪問する外国人旅行者がはじめて年間1700万人を達成した。これは、過去最高だった2014年の1420万人を280万人上回る数字。そのうち日本人の訪韓旅行者は前年比24.8%増の229万人となる。中国からの観光客が不動の1位をキープしており、全体の53%を占めている。日本と中国で75%を超えるという事だ。しかし、過去を見れば日本人旅行者は250万人台から増えることは無いだろう。

皮肉なことに中国経済低迷に中国社会環境が悪くなるほどに中国人観光客は増えるわけで、逆に日本からすれば500万人の韓国人が訪日するわけで、人口の10%が日本をお訪れるというのも異常値である。韓国状況に興味を示さない日本人であるから、歴史をもっと勉強するべきと思いつつも、近い海外でK-POP人気は健在であるから、今年も昨年同様の数値となるだろう。韓国は800万人を超える中国人観光客だが、THAAD問題で、半減したとしても2014年に記録した1420万人と言う数値にはなるのでは…。

中国にとって環境汚染が少なく、免税店で欲しいものが購入できる近い国である。一方、韓国にとって日本は仕事探しで不正に生活保護を受けられる国と化しつつあるわけで、日本政府は目を光らせて対応すべき年でもある。日本の税金が韓国人に使われるのでは困りごとである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月06日 11:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL