韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国軍、射程800キロメートル弾道ミサイル試験発射に成功

韓国軍、射程800キロメートル弾道ミサイル試験発射に成功

韓国軍が最近、北朝鮮全域を攻撃できる射程800キロメートルの弾道ミサイル試験発射に成功したと明らかにした。

軍当局者は6日「最近、国防部傘下の国防科学研究所(ADD)安興(アンフン)試験場で射程800キロメートルの玄武系弾道ミサイルの試験発射を行い、発射成功と評価された」と話した。軍当局が射程800キロメートルの弾道ミサイルを開発中という事実は知られていた。しかし、試験発射成功の事実が公開されたのは今回が初めてだ。射程距離が800キロメートルならば、漢江(ハンガン)の南側から北朝鮮のほとんどの地域を射程内に置くことができる。

韓国軍が現在運用している玄武系の地対地弾道ミサイルは、射程300キロメートルの玄武-2Aと、同500キロメートルの玄武-2Bがあり、巡航ミサイルとしては射程1000キロメートル以上の玄武-3がある。軍当局は2015年6月、玄武-2Bを成功裏に試験発射しこれを公開したことがある。今回の試験発射はハン・ミング国防部長官の参観の下に進行され、ミサイルは発射、飛行、標的打撃の全過程で基準値を充足したという。軍当局は今後追加試験発射を数回実施した後、早ければ年内にも実戦配備する計画だ。ミサイルの公式名称はまだ決まっていない。

ノ・ジェチョン合同参謀公報室長は、定例のメディアブリーフィングで「今現在は開発中であるため、開発が完了すれば公式名称が付与されると理解している」と話した。軍周辺ではこれまでの慣例などを勘案して“玄武-2C”が有力という観測が多い。2012年の韓米ミサイル指針改定で韓国軍の弾道ミサイルの射程距離は800キロメートルに延長された。ただし弾頭の重量は500キロ以下に制限されている。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26994.html

【管理人 補足記事&コメント】
2016年の韓国SBSの報道によると、韓国軍は既に玄武-2と玄武-3を合わせて800基保有しており、2017年までの第1次5ヶ年事業で2兆7千億ウォンを費やして900基追加生産し、保有数を計1700基に倍増させるとしている。さらに第2次5ヶ年事業で300基追加生産して最終的に計2000基を配備する予定だ。老朽化した玄武-1は射程300kmのATACMS弾道ミサイルに代替され、玄武-2シリーズはロシアへのスパイ行為によって開発されたと見られている。また、玄武-2Aは、射程は300km、サイロから発射される。

一方では老朽化し、現実真面に機能するのかは重要である。韓国軍は定期点検や整備を隠蔽する体質がある。現実戦争なった時に活用できる軍備は公表値よりはるかに低いだろう。それに対して北朝鮮は古い軍備を改良しているわけで、どちらも何とも言い難いが、韓国軍は宝の持ち腐れであり、北朝鮮は精度不明であるから、逆に危険極まりない軍備となる。しかし弾道ミサイルるという軍備は日本にとって脅威となるわけで、撃ち落とすだけでなく、攻撃できる法案も不可欠となる。自衛権行使で対応可能な部分と、日米の両方での直接攻撃となると単純ではない。法整備も重要だが、自国を守る軍備も有能な人材とその育成も不可欠ととなる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月07日 10:33 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL