韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LGグループ、日本の研究所を統合

LGグループ、日本の研究所を統合

LGグループが日本にある系列会社の研究所を統合して運営することにした。融・複合研究開発(R&D)力を高めるためだ。 LGは6日、東京品川にあるLGエレクトロニクス研究所にLGディスプレイとLGイノテック、LG化学、LGハウシスの研究所を統合し、7月から単一研究所として運営することにしたと明らかにした。統合研究所の名称は「LGジャパンラボ(Lab)」に決まった。

約200人の研究員も中長期的に1000人まで増やす計画だ。増える人材の研究空間を確保するため、横浜みなとみらい地区に4000平方メートルの敷地も最近確保した。ここに2021年までに新しい研究所のビルを建設し、日本国内のR&D基地に育成するという。

LGの関係者は「各系列会社の研究所が蓄積した核心技術力と担当者を結合し、素材および部品技術の開発などでシナジーを大きく高めることになるだろう」と述べた。研究所は電子部品と住宅内装材、車両用シートなど、さまざまな分野の研究を遂行する予定だ。特に電気自動車用バッテリー素材やロボットなどに研究力を集中する。ある関係者は「バイオ素材を利用してロボットに五感を感じさせる課題もある」と伝えた。

LGのR&Dは日本と深い縁がある。1952年に釜山凡一洞に設立した韓国初のプラスチックくし工場も日本から渡った6冊の専門書籍から始まった。産業界の関係者は「日本は依然として部品素材分野で高い技術力を保有している」とし「着実に技術を蓄積していくLGの企業文化も日本と似た点が多く、日本研究所で多くの成果を出していると聞いた」と説明した。
http://japanese.joins.com/article/812/227812.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
LGは、日本で素材・部品の技術開発とオープンイノベーション活動を遂行してきたLGエレクトロニクス,LG Display, LG Innotek, LG Chemical, LG Hausysの5つの系列会社の日本における研究部門を統合し、17年7月から東京都品川地域に(仮称)‘LG Japan Lab’(研究法人)として運営を開始する。その背景には、グローバル産業や事業の競争が激化する環境の中、融合・複合型の研究開発が求められ、近年その重要性が増している事にある。LGはこのようなパラダイム変化への迅速な対応のため、2000年代初頭から東京と横浜地域にR&D拠点を設け、 高い研究開発力を保有する日本の大学や研究機関,企業とも連携しながら様々な分野で共同研究や技術開発を展開してきたという。

LGは今回各系列社研究所で培ってきた研究員の研究開発力を一つにまとめることによりシナジー効果が強化され、研究開発成果の創出を更に高め, 素材から製品化技術までの個々の技術開発段階とも連動したオープンイノベーション活動も、LGの技術力を強化する重要な役割を担うものと期待しているとしている。LGは横浜市みなとみらい21地区内4,000平方メートル(㎡) の敷地に地上、地下合わせて総19階建てのビルを建設し、新たな研究開発拠点として活用する計画も進めるという。今後LGはこの新しい拠点を中心に日本の強みである新素材をはじめ、EV用部品, 電池材料, 次世代ディスプレイなど多様な事業分野で地域密着型の研究開発を進めてゆくとのこと。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月07日 11:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
このように考察することも必要ではないか
このニュースは私には素直には取れない、何故なら日本の民間の企業開発費は18兆円/年、じゃあ、韓国朝鮮はというと、たったの9000億円、で、平成15年の日本人一人当たりのGDP404万円/年、韓国朝鮮人は275万円/年、たったの130万しか変わらない、このまま10年で180兆もの研究開発の金額差が出ることになる、これで韓国朝鮮人が3万ドル/年超えたら,日本人との差は70万くらいだ、つまり韓国朝鮮はものすごい効率の良い研究をしていて、日本人,企業は基礎研究から一人の研究者が30~40年もの長い間、無駄銭を使い無駄研究をしていることになる。努力する研究者がいなくなる

だいたい韓国の大企業が研究開発を他国で何故やるのか、敵国である日本の東京でやる意味が理解に苦しむ、
先日NHKで防衛省の軍事技術に研究者は二度と手を貸してはならないという放送を見て、軍事兵器開発は、どうも研究者同士のタブーになっているらしい、これもおかしな話で、研究者にもいろいろいていいではないか、ちなみに米軍の研究開発費は6兆円/年、日本の防衛研究所の予算は3000億円/年
これっぽっちの費用でステルス戦闘機や最精鋭の戦車、潜水艦を作り出してくるのだからすごい

このLG研究所なる法人は諜報活動(スパイ)が主任務ではないのか、パククネ政権の反日で日本企業は韓国企業への技術協力は疎遠になり先端商品が造れない、韓国経済は急落だ、もう一度日本企業の技術をパクルそれが生き残る唯一の方法ということではないのかね、あまりにも研究費用が少なすぎる、

日本の研究者も給料が低いので、生活の為に、中には500万程度の小銭稼ぎで会社の機密研究を持ち出す輩も出てくる
早くスパイ防止法でも何でも整備し研究者にも機密を持ち出すことは犯罪、大げさだけど逆賊行為だ、くらいの罪と言う意識を、さらに孫の代まで責められるよ、くらいの意識を持たせることが、企業を守り、国を守る
とにかく朝鮮人は図太い、なりたけ遠ざけておくことが良い、あと約束はしない、日本人は下に見られている、相手しないこと、付き合う価値感の相手ではない、何でも仕掛けてくる、引っかからないこと。
[ 2017/04/10 08:45 ] [ 編集 ]
現実は
現実は、おそろしい。サムスンやLGは日本で採用活動が活発だ。日本企業の1.5倍はだすみたいだ。LGは日本の本部を八重洲の新規超高層ビルに置いている。研究所は横浜のアップルの近く。もはや、韓国企業は日本人や日本の技術なしでは生きていけないのだ。
?ジャパンマネーもか。。。
[ 2017/04/10 15:33 ] [ 編集 ]
南朝は、技術者の一本釣りからパラサイトになってきたのか。反日の国との仕事はとてもごめんです。
[ 2017/04/10 21:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL