韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  国民51%「最も協力すべき国は米国」…3年前には「中国」

国民51%「最も協力すべき国は米国」…3年前には「中国」

北朝鮮の核・THAAD(高高度防衛ミサイル)など、朝鮮半島情勢を左右する外交・安全保障問題をめぐり、米国と中国の神経戦が激しくなっている。米中首脳会談(6~7日)で両国首脳がどのような結果を出すかは不透明だが、韓国国民10人のうち5人は、韓国の発展をためには米国と手をしっかり取り合って行くべきだと考えていることが分かった。THAAD配備をめぐる中国の「報復措置」に対する反感と安保に対する不安感が影響を及ぼしたものと分析される。

ハンギョレとハンギョレ経済社会研究院が世論調査機関MRCKに依頼し、先月30日から4月1日まで、全国の19歳以上の成人1512人を対象に実施した調査の結果、回答者の51.5%が韓国の発展のために最も協力すべき国として、米中日3カ国の中で米国を挙げた。中国を選択した回答者は36.2%、日本との協力強化が必要だと答えた回答者は3.3%に止まった。2014年12月の調査当時、回答者の58.5%が中国を、34.5%が米国を重要な協力の対象と見なしたのとは明確に異なる結果だ。

調査を進めたハンギョレ経済社会研究院のハン・グィヨン社会調査センター長は7日、「最近、THAAD報復処置などによる経済的被害のため、中国との協力を強化すべきという回答が多いだろうという予想に反し、米国を選択した意見が多くなった」としたうえで、「韓国だけでなく、米国の政治状況を見ながら、国民が感じている安保への不安が反映されたようだ」と分析した。


スポンサードリンク


世宗研究所のウ・ジョンヨプ客員研究委員は「中国の『THAAD報復』に対する国民の反感から、米国が反射利益を得たもの」と解釈した。実際、米国を選択した回答者らは、その理由として「同盟国だから」(21%)と「安保に役立つため」(11.1%)などを挙げた。中国を主張した回答者は高い貿易依存度など、経済的理由が圧倒的だった。

世代別では60代以上(66.1%)と20代(56.7%)が米国を最も重要な協力国と答えた。一方、40代は50.7%が中国を重視すると答え、米国(39.1%)を大きく上回った。30代と50代は中国と米国をそれぞれ挙げた割合が共に40%台で、大きな差はなかった。峨山政策研究院のキム・ジユン博士は「数年前から20代の男性が安保問題で保守的な傾向を示している」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27009.html

【管理人 補足記事&コメント】
51.5%が韓国の発展のために最も協力すべき国として、米中日3カ国の中で米国を挙げた。中国を選択した回答者は36.2%、日本との協力強化が必要だと答えた回答者は3.3%に止まったというが、51.5%が韓国の発展のためというが、日本との協力はと言う数値がない。アンケートに一貫性がなく、正確性にも欠ける。単に米中選択を表すのに、わかりやすい報じ方があるのではないか…。

記事データーをある程度信用しても、米中に分かれているわけで、それが今の韓国を象徴していると言える。アメリカ主体でも中国との協力を支持する連中も多い。自国防衛と自国経済を混同するから、アンケート結果も混同する。朝鮮半島情勢を左右する外交・安全保障問題をめぐり、米国と中国の神経戦が激しくなっているというが、そもそも韓国がはっきりしないことが理由にある。

韓国がもっとしっかりすれば、朝鮮半島はもっと穏やかになれたはずが、今まで他国任せであるから、結局最悪の状態に近づいてしまう。そもそも北と南は日本統治下解放時点から折り合いが合わないわけで、それは古朝鮮時代から続いている。統一妄想は朝鮮半島の主権争いであるから、隠蔽と嘘の塊の国同士では、何を実施しても無理である。そもそも人権問題含めて朝鮮人と言うのは信用ならない。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月08日 09:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp