韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、韓進海運破産で運賃収入3000億円喪失

韓国、韓進海運破産で運賃収入3000億円喪失

韓進(ハンジン)海運の破産で韓国海運業界の運賃収入が3兆ウォン(約3000億円)喪失したという分析があった。 韓国海洋水産開発院(KMI)によると、今年1-2月のアジア-北米航路の船会社別シェアを分析した結果、韓国海運企業の現代商船は5.9%と、前年同期比1.2ポイント増加した。韓進海運は該当路線で7%を占めていたため、1.2%だけが韓国の船会社が吸収し、残りの6.2%は外国の船会社に移ったという解釈が出ている。

KMIは「現代商船の競争力はアジア-欧州航路よりアジア-北米航路で低いという点で、ほとんどが外国船会社に移ったと判断される」と説明した。 韓進海運の空白で外国船会社が吸収した物流量は昨年の輸出物流量基準でアジア-北米航路が96万8000TEU(1TEUは20フィートコンテナ1本)、アジア-欧州航路が54万3000TEUの計151万TEUにのぼると推定される。また、アジア域内、中南米、アフリカ、アジア-豪州航路などで韓進海運の物流量の一部が外国船会社に移動したとみると、吸収された物流量は計200万TEU程度と推定される。

2015年の韓進海運コンテナ部門の売高額は7兆1491億ウォン。KMIは同年の韓進海運の物流量462万TEUのうち43%の200万TEUが外国船会社に吸収されたとみて、約3兆ウォンの運賃収入を喪失したと推定した。
http://japanese.joins.com/article/836/227836.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の輸出ルートは、北朝鮮に「陸」を押さえられているので、「海」と「空」の2つの手段しかない。韓進海運破綻で、その輸出ルートが他国に押さえられつつあるわけで、韓進海運破綻を発端とする一連の物流混乱は、昨年から継続中でいまなお被害が拡大している。

一方で、ウォルマート「韓国海運会社と取引しない」としたわけで、2016年の米企業売上高番付で4年連続首位、その金額はなんと4821億ドルである。日本円だと約52兆円規模となる。昨年の9月以降から起きた韓進海運の物流混乱で米政府に対応を迫ったのもウォルマートだったが、韓国政府はウォルマートを無視し、物流混乱が解決したのは11月であった。これによりウォルマートが激怒し、「韓国海運会社と取引しない」というわけだ。運賃では3000万ドル(約35億円)規模となる。ウォルマートはこの物量を中国など他国の海運会社に回したとしている。

また当時、港に入れずにいる韓進海運の船の荷物は、米国・中国・日本で9割を占める。米国には、「ハロウィーン」や「ブラック・フライデー(クリスマス商戦の開始日)」のために用意された荷物が大量に運ばれる予定だったわけで、高額訴訟はまだ継続中であると考えれば、運賃収入3000億円喪失レベルではなくなるが…。

韓国から海運産業が縮小あるいはなくなれば、韓国経済に与える影響は莫大だ。輸送がいずれ中国や日本となれば、輸送コスト上昇で、損益分岐点は跳ね上がる。為替依存の高い韓国経済は輸送コストで手低迷加速すれば、財閥企業は海外に出るしか道はない…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年04月08日 11:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL