韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  安定的な国政運営は「文在寅」…自分の暮らしを改善する候補者は「安哲秀」

安定的な国政運営は「文在寅」…自分の暮らしを改善する候補者は「安哲秀」


お勧め記事


「なんだか不安だが、国政運営は相対的によくできそうだ(文在寅)。信頼はできるが国政運営をどうするか少し心配になる(安哲秀)。役立たずの政権を変えたという清々しさはこちら(文在寅)の方が上だが、自分の暮らしを改善できそうなのはあちら(安哲秀候補)だ」

ハンギョレとハンギョレ経済社会研究院が今月7~8日、リサーチプラスに依頼して行った大統領選世論調査で、共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)候補、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補に対する有権者たちの評価は以上のように要約できる。信頼感と安定的な国政運営に対する期待のように、対になって同じ方向に動きそうな評価結果が分かれている。両候補が野党候補という同じ範囲内にいるにもかかわらず、各候補を支持する世代と地域、陣営がはっきりと分かれ、錯綜した結果だ。

まず「国政運営を最も安定的に率いる候補は誰か」という質問に、回答者の38.1%は、文候補を挙げた。安候補は32.6%だった。40代以下では文候補に、50代以上では安候補に点数を与えた。国政をけん引するリーダーシップに対する評価では、両候補の順位が入れ替わった。文候補に対して、「不安に近い」という評価(49%)は「信頼に近い」という評価(43.5%)より多かった。信頼と不安の割合は、保守層で21.4%対73.1%、大邱(テグ)・慶尚北道で38.7%対52%、「2012年朴槿恵(パク・クネ)投票層」では16.4%対76.5%となった。一方、安候補のリーダーシップに対する評価は、信頼が49.3%、不安が42.1%だった。保守層で60.6%対31.6%、大邱・慶尚北道で58.3%対32.9%、「朴槿恵投票層」では63%対26.4%だった。


スポンサードリンク


「最も確実に政権交代を成し遂げられる候補は誰か」という質問に、文候補を選んだ人は38.8%、安候補と答えた人たちは35.6%だった。わずかな違いだが、回答者の構成が興味深い。大邱・慶尚北道では、安候補が適任者だという回答が47.6%で最も多かった。文候補という回答は31.1%だった。朴槿恵投票層の半数以上(51.6%)、60代以上世帯の約半数(49.1%)も安候補と答えた。“追い出された政権”の朴槿恵前大統領の支持層の多数が「安哲秀への政権交代」を望んでいるのだ。

政権交代の“効能感”とも言える「自分の暮らしを改善できそうな候補が誰か」という質問では、安候補が文候補を上回った。回答者のうち31.2%が自分の暮らしを改善できそうな候補として安候補を、27.1%が文候補を選んだ。龍仁大学のチェ・チャンリョル教授は「親文(在寅)覇権、文候補に対する保守層の漠然とした不安と忌避を克服できなければ、厳しい選挙になるだろう」と見通した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27023.html

【管理人 補足記事&コメント】
今の韓国に安定的な国政運営も自分の暮らしを改善するのも難しい。無理とは言わないが…。家計負債だけを考えても異常値である。地方財政は大赤字で老朽化対応には天文学的な金額がかかる。挙句に軍備は老朽化しまともに使えるのはわずかではないのか…。自国企業の技術限界点を脱皮するだけの技術力は財閥にはない。政府が後押しすれば不正となる。現状政府負債は増え続け、外貨準備高の流動性のある金額は数%と言われるほど心もとない。

この状態で何を実施するのかを問えば、内需活性化が一番となる。世界のGDP順位ばかり気にすれば国は崩壊する。外資系企業の上位企業は、傘下についたり買収されたり、したりで独自路線で生き抜く企業もあるだろう。しかし雇用を拡大するために実施すべきは、内需活性化となる仕事を生み出すことである。客船一つとっても日本の中古船購入であったり、自国に客船技術はない。人口5000万人の生活に直結する中小企業の仕事内容を見直せば、まだまだ仕事はあるのではないか…。財閥企業について回るのでは、アメリカや中国について回る韓国と同じである。いい加減に、そろそろ大人になることである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月10日 09:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp