韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  だから私は日系車を買いました・・・「中国人消費者が語る日系車の魅力」

だから私は日系車を買いました・・・「中国人消費者が語る日系車の魅力」

日本の若者の車離れが指摘される一方、中国自動車市場では車を所有する人が増え、若者たちが市場を牽引する存在となっている。中国は世界最大の自動車市場だけあって、世界各国のメーカーが熾烈な競争を繰り広げており、街中では実に様々な国の車を見かけることができる。

日系車は近年、中国市場では好調な販売を記録しているが、日系車を購入したオーナーに「日系車の良いところ」を聞いてみると、多くのオーナーは「故障が少ないこと」を挙げる。中国メディアの今日頭条は3日、多くの中国人が日系車を好む理由に関する記事を掲載し、実際に日系車を購入した中国人消費者が語る日系車の魅力を紹介している。

記事はまず、自動車運転暦22年の中国人の事例を紹介。この中国人はこれまでドイツの高級車や米国車に乗ってきたというが、2002年以降は日系車に乗り換えたと伝え、「これまでのメンテナンスで故障は1回も見つかっていない」と紹介、やはり日系車の故障の少なさや信頼性の高さに満足しているとの見方を示した。

さらに同中国人の見解として「ネット上では日系車に対して『重厚感にかける』、『事故の衝突に耐えられない』、『愛国心がない』といった批判を見かけるが、日系車の品質は高く、中国車は日系車と同等の品質を持たないからこそ、多くの中国人が経済的で長く乗れる日系車を選ぶのだ」と伝えた。


スポンサードリンク


また記事は別の中国人の意見を取り上げている。この中国人は2008年にカローラを購入し、現在の走行距離は13万キロに達しているというが、「タイヤ交換のほか、定期的なメンテナンスを行っていることもあり、エンジンにはまったく問題が生じていない」という。同じ時期に中国車を買った友人がいるそうだが、その車はすでに故障だらけで廃車同然だと紹介。中国車は日系車に比べて購入代金そのものは安いが、修理にかかる費用は日系車より圧倒的に高くつくと紹介し、「トラブルなく、安心して乗れるうえに維持費が安いという点が日系車を気に入る理由だ」と伝えた。

物価の上昇が激しい中国では故障が多い中国車よりも、壊れにくくて燃費も良い日系車が評価されていることがわかる。車を運転する人なら誰しも故障しない車に乗りたいと思うのは当然のことだろう。
http://news.searchina.net/id/1633207?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本メーカーの2016年の中国での新車販売が過去最高を更新した。自動車業界に特化したオンライン情報サービスを提供しているマークラインズ社によると、日産、ホンダ、トヨタ、マツダの日系5社の中国での新車販売(輸入車を含む)は合計410万台を超え、過去最高を記録した。上記五社の内訳は、日産が135万4600台(前年比8.4%増)、ホンダが124万7713台(同24.0%増)、トヨタが121万4200台(同8.2%増)、マツダが28万5,653台(同21.4%増)を販売した。中国政府が2015年10月にスタートした小型車減税やSUV人気が追い風となった。

車種別の販売台数トップは、日産の「軒逸」(日本名:シルフィ)で、36万台強を販売し、対前年比3.8%増と日本メーカー中で2年連続のトップを記録した。2位とは6万台以上の差がある。コストパフォーマンスのよさや燃費、車内空間などの面でバランスがよいと評判で、市場での口コミ評価も高く、販売が安定していた。2016年は日本メーカーにとって、中国市場で大きな収穫を得た年だった。中国政府は2017年から税金低減の幅を縮小している事もあり、日本メーカーにとって有利となるかは難しいが、出だしは好調であるから今年どのような成績を出すか楽しみである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月10日 13:22 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp