韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本と中国の自動車産業の差は「最大50年分」、この差はなぜついた?

日本と中国の自動車産業の差は「最大50年分」、この差はなぜついた?

16世紀のオランダの画家ピーター・ブリューゲルの「盲人の寓話」は実に教訓に富む作品だ。6人の盲人が連なって歩いているが、先頭を歩いている者が穴に落ち込んでいるのに、後続の5人はそのことに気が付いていないという情景が描かれている。

誰から学び、誰に従っていくかを選択することは失敗を避け、成功を収めるために非常に重要な要素であることを想起させるが、この教訓は中国自動車工業の発展が遅れている理由を説明するためにも用いることができるようだ。中国メディアの我愛車は7日、自動車工業における中国と日本の差はどこにあるのかというテーマについて論じる記事を掲載し、かつて中国自動車工業はソビエト連邦の歩みについていかざるを得なかった時期があると紹介、これが日中自動車工業の現在の差につながっていると論じた。

記事はまず、「民族的感情を除けば、日本という隣国は認めざるを得ない国」であるとし、特に自動車産業において日本は世界的に重要な役割を果たす国であると指摘。近年の中国でも品質を高める自動車メーカーが現れつつあるとしながらも、まだまだ日本車の品質には及ばないのが現状であるとし、「日本と中国の自動車産業の差は時間にして20−30年、先端技術の領域においては50年以上はある」と論じた。

続けて、現在のロシアに世界レベルの自動車ブランドは存在していないと指摘。それは、ソビエト連邦が様々な面で多くの間違いを犯しており、むだな回り道を多く重ね、挙句の果てに自分ではどうにもならなくなり解体するに至ったためと説明し、貧しかった頃の中国はソ連に追随していたが、ソ連の動きが当時の中国自動車工業発展の方向をひどく曖昧にしたと論じた。

記事は一方で、朝鮮戦争やベトナム戦争の時期において、米国は前線の戦車や戦闘機の修理や補給を確保するために日本の協力が不可欠だったと説明、このことがこの時期における日本の機械工業の発展を加速させたと指摘し、現在における日本と中国の自動車工業のレベルの差を形成する一因となったという見方を示した。
http://news.searchina.net/id/1633320?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
1990年代以降、中国経済の発展に伴い自動車産業は急速に発展してきた。そして2009年には自動車生産台数世界一であった日本を抜いた。この背景には国内市場の需要の拡大がある。2009年には中国国内の登録車数は6200万台であったが、2020年までに2億台を超えると予測されている。中国の自動車メーカーの特徴として、海外メーカーとの合弁企業が多い。中国では輸入車に高い関税が課せられるため、中国で販売を伸ばすには現地生産が最も有効な手段なのだが、現地生産を行うには、中国政府の方針により、中国の自動車メーカーとの間で出資比率50:50の合弁企業を設立することが義務付けられる。

そんな中で中国車の自動車エンジンは三菱が大半を占めるわけで、中国でエンジン技術は遅れている。精密加工技術においては到底日本と比較対象にはならないだろう。従って今後も主要部品は日本企業購入で、製造技術レベルとして上昇する可能性はある。重要なのは自国市場において、内需活性化を形成できるかにあるわけで、とはいえ、日本の合弁会社となる中国工場で生産し、雇用を生み、その代わりに市場を開放する。その一方で日本外交を実施しODAに頼らずに、日本とFTAを結び同時にEPAを凍結し、技術支援お受けることである、また日本企業の傘下となる自動車企業を形成し、自国内で製造販売し、付加価値分担契約をしっかりと凍結すれば、内需活性化にもつながるだろう。要は自国市場活用における構造改革が不可欠と言える。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年04月11日 12:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL