韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、アップル抜いて世界スマートフォン市場占有率首位奪還

サムスン電子、アップル抜いて世界スマートフォン市場占有率首位奪還

サムスン電子がアップルを抜いて再び世界のスマートフォン市場で占有率首位の座を奪還した。

12日、市場調査機関トレンドフォースが出した報告書によれば、サムスン電子の第1四半期世界スマートフォン市場占有率(生産量基準)は26.1%で、アップル(16.9%)を追い抜いた。サムスン電子の第1四半期スマートフォン生産量は8014万台で、直前四半期より8.4%増加したと集計された。今年1分期のスマートフォン全体生産量は3億700万台で、前四半期より23%減った。中国ブランドのスマートフォン生産量が減ったためと分析された。

サムスン電子は昨年第4四半期にはギャラクシーノート7の生産中心の余波で世界のスマートフォン市場占有率首位の座ををアップルに奪われた。アップルが20.3%を記録し、サムスン電子(18.5%)を追い抜いた。トレンドフォースは世界スマートフォン市場の占有率首位が変わった理由について「サムスン電子がギャラクシーノート7生産中止事態以後、消費者の信頼をまだ回復できず第1四半期のプレミアムフォン部門では振るわなかったが、“ギャラクシーJ”中低価格フォンのおかげでサムスン電子の占有率が大幅に上昇した」と説明した。

トレンドフォースは“ギャラクシーS8”の販売量については「第3四半期に発売されると見られるアイフォン10周年新製品に対する待機需要のせいで制限的になるだろう」と見通した。一方、サムスン電子は11日(現地時間)、アラブ首長国連邦でギャラクシーS8の発売記念行事を行った。中東地域へのギャラクシーS8供給は28日に始まる。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/27049.html

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンの低価格スマホの性能は論外となる。インドネシア或いはインドにおける低価格スマホ販売での数量確保でシェアを得てはいるが、新興国におけるサービスが次第に拡大し、単に安いスマホが良いという時代が変わろうとしているのも事実。インドネシアではiPhoneが次第に普及し始めている。と同時に関連アプリも普及し、サムスンは他の新興国での販売を強いられている。

やはり最近は動画再生能力の高いスマホが有利となり、サムスン低価格スマホのスペックでは、中国スマホにも追いつけないわけで、結局なげうっ売って数量シェアを確保するしかないのだが、サムスンはサービス面で、アップルやグーグルのようなストアがないのは致命傷と言える。

アップルが厳しくなったとはいえ、スマホ利益では圧倒的である。ただ今後はスマホの利用サービス面での競争激化となるだろう。新興国におけるスマホ利用が増えて、アプリを通じたサービス面での競争となる。新興国でも単に安いからという理由で、スマホが売れるという時代ではなくなりつつあるということだ。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年04月13日 09:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
だから!
生産量ってかいてますやん。韓国おとくいの生産量、出荷量。。。
[ 2017/04/13 10:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL