韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  迫り来る危機に無防備状態の韓国

迫り来る危機に無防備状態の韓国

米国のトランプ大統領と中国の習近平・国家主席が米国で首脳会談を行ってから5日後、二人は再び電話会談を行った。中国共産党の複数の宣伝機関によると、習主席はトランプ大統領に「中国は韓半島(朝鮮半島)非核化という目標を堅持しており、平和的方法で韓半島問題を解決し、米国との意思疎通と協力を望んでいる」と述べたという。互いに直接会って会談を行ってからわずか5日後に習主席が電話をかける必要があったとすれば、何か緊急かつ重大な事情があるか、あるいは少なくとも非常に懸念すべき問題が存在することを意味する。現在、空母カールビンソンを中心とする米艦隊が韓半島周辺海域に向かっており、その影響もあって米国が北朝鮮に対する先制攻撃を行うか、あるいは北朝鮮のミサイルを迎撃するといった懸念が浮上しているため、習主席が直接動いたとみられる。

トランプ大統領は「中国が北朝鮮の核開発を阻止しないなら、われわれがやる」との考えを何度も表明してきた。また昨日もメディアとのインタビューで「(朝鮮労働党の)金正恩(キム・ジョンウン)委員長は大きな失敗をした」とした上で「米国は強力な無敵艦隊を(北朝鮮に)派遣している」と改めて警告した。複数の米政府関係者も北朝鮮に対する軍事行動について「選択肢の中にある」と何度も明言している。もちろん北朝鮮に対する軍事行動はそう簡単に実行に移せるものではない。米国の有力紙ニューヨーク・タイムズが指摘するように、北朝鮮への先制攻撃には現実問題として数々の制約があるのも事実だ。また韓国国内に居住するおよそ20万人の米国人の間に現時点で何の動きがないことを見ても、今すぐ先制攻撃が行われる可能性は非常に低いと言わざるを得ない。

現在の韓半島情勢はわれわれが知らないところで重大な山を迎えているかもしれない。しかも今は大統領が不在で、大統領選挙が前倒しで行われるという完全な無防備状態だ。このような状況では一部の勢力が「戦争か平和か」といったスローガンで国民を脅迫し、政治的利益を手にしようとするかもしれない。2010年に韓国の哨戒艦「天安」が沈没した直後に行われた選挙では実際にそのようなことが起こった。現在、大統領選挙に出馬している候補者たちは国民に恐怖心を与えて票を得ようとする考えを捨て、国民を一つにまとめる指導者としての資質を示さねばならない。戦争を覚悟せず、またその備えを怠る国民は最後は戦争を防ぐことはできない。これは人類歴史が示す真理だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮の先制攻撃は考えにくいとみるが、北朝鮮は1987年に生物兵器禁止条約・1989年1月4日にジュネーヴ議定書に同意したが、化学兵器禁止条約には署名しておらず、1960年から増強が続けられてきた化学兵器保有量は、2014年までには米ロに次ぐ世界第3位と言われる。保有量はVXガスやサリンを含む16種類の神経ガスなど2500トンから5000トンであり、清津市や新義州市に化学兵器製造工場があるとされるわけで、韓国の人口が滅亡するほどの量でもあり、年間約1トン以上も生産・保管できる能力があることが確認されているというから厄介だ。

金正恩の兄殺害が化学兵器としての何らかの実験だと仮定すれば、何かが動いているのは事実。日本とて警戒を強めるしかないだろう。情報収集に必死となる日本政府である。他人事のようにしているのが韓国政府であり、大統領不在で大統領選挙を控えている今ほど北朝鮮にとっては、韓国攻撃の絶好のチャンスではある。様々なテストで弾道ミサイルを発射し、現実攻撃できる軍備は少ないだろうと考えれば、化学兵器活用が手っ取り早いのも事実。韓国政府も自国メディアも情報収集すら他人事だが、問題発生してからでは遅い…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月13日 11:32 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL