韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  軽自動車は良い車だけど「中国人からすれば日本で売れていることが信じられない」

軽自動車は良い車だけど「中国人からすれば日本で売れていることが信じられない」

中国市場で販売台数を伸ばしている日系車だが、人気が高いのはSUV車などの大型車が中心だ。大きい自動車を好む中国人からすれば、日本では軽自動車が新車販売台数の3割以上を占めているというのは驚きのようだ。中国メディアの今日頭条は11日、スズキのハスラー(HUSTLER)を例にとって、「日本の自動車文化」について論じる記事を掲載した。

スズキが生産・販売するハスラーは、クロスオーバーSUVタイプの軽乗用車だ。中国人の大好きなSUVの要素が取り入れられてはいるが、記事は、「中国人で販売しても、恐らくは人気が出ないであろう」と主張。大きいもの、豪華なものが好きで、自動車もより大きいものを良しとする国民性の中国人には、軽自動車が日本で60年もの歴史を持ち、日本人消費者の間で高い支持を得ていることが「信じられない」のだという。

では、なぜ日本の軽自動車は中国では「こんなに小さな自動車」と評され、不人気なのだろうか。記事は、中国の深センや広州を例に挙げ、「こうした地域では雨が降るたびに道路が冠水するため、買うなら断然SUVなのだ」とした。そして、大国である中国は、日本のように小さくはないので、車を買うなら絶対に大きくなければならないと主張した。

しかし、スズキのハスラーの特徴として、中国人が好きな「ターボエンジン」を搭載するグレードがあることや、燃費が良くて「本当に経済的」で、実用性も高いこと、特に後部座席の広さは最大の特徴で、足の長い人が長距離移動するのも楽であることは「中国人から見ても魅力的」だとした。

自動車を購入するうえではメンツを考慮する傾向の強い中国では、自動車の「大きさ」にこだわる人が多いようで、どんなに日本の軽自動車が実用的でも好まれないようだ。しかし、中国都市部の駐車場不足や渋滞は深刻であり、特に都市部は軽自動車が浸透して当然の環境とさえ言える。中国人の消費が成熟し、メンツにとらわれないようになれば軽自動車も売れるようになるかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1633570?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
私はハスラーのハイブリッド車で、出だしを電動モーターアシストするタイプで、ターボ車とのマッチングもよいですね~。出だしは快適です。厄介なのはアイドリングストップ…。 急いで曲がりたい時、一瞬のもたつきは焦りますね~。個人的にはアイドリングストップは嫌いです。乗りなれるとハスラーは軽自動車とはいえ大きく見えますが、所詮は軽自動車です。

今後個人的に興味と期待があるのは、二人乗りの電気自動車です。だいぶテストが完了しているのでしょうか~。実に楽しみです。中国人と相反する大きさではありますが、私などは病院や買い物に行くには快適ですが…。雨に濡れないようなドアの工夫や走行距離がもう少し伸びてくれるとありがたいですが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月13日 13:08 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
中国は小型車減税
どの国も、道路は良くなる、自動車ユーザーは拡大するという
トレンドなので、品揃えは下に向かってダウンサイジングします。
もちろんステータス志向向けの上級大型車も残るが、
マーケット全体では小さいクルマが増えます。
中国市場の台数の伸びは小型車減税(1.6L以下)の効果が大きい。。
今年、ヒュンダイは KonaというコンパクトSUVを投入する。

日本の軽のターゲット市場は、まず少量のデリバリがあって、
それから田舎の女性ユーザー。
冬の北国へ行くと家庭の主婦がお尻を振りながら、
雪道を軽で買い物に行く風景が見られます。
なので、軽の規格のサイズ拡大はないでしょう。
ターボがあるから排気量アップもないと見られます。
[ 2017/04/13 15:19 ] [ 編集 ]
もっと普及しても良いと思うが
まっ。 支那人や朝鮮人は、 まだそんな段階に至ってないのでしょうし、 日本で軽自動車が普及したのも、 税制を初めとした諸制度の賜物でしょう。 ところが、 使って見ると案外便利で快適だった、 特に日本の道路事情では。

でも、 省エネ、 省資源の見地から言えば、 機械はなるたけミニマムが良い、 やりようによっては、 世界中に普及できるんでは? 日本は、 あんなコマい車を上手に作れるんだから、 もっと国が後押しすれば、 グローバル商品に化けると、 ワテクシは思っちょりマス。

以前、 VWがスズキを乗っ取ろうとしたのも、 軽自動車の可能性に着目していたからだと思っちょりマスし。

メカ的には、 現在の車格(1t弱)なら、 排気量は800cc位あった方が、 効率は良くなるみたいですね。 まっ、 ターボやら電動化やら、 メニューは増えてはいるワケですが。

 個人的には、 バーチカル・ツイン や 水平対向で、 キャブトン・マフラーでもつけて、 バイクみたいに 「バタバタ」 走る、 極めて趣味性の高いモデルも、 在ってもいいカナ? な~んて思ったりします。

[ 2017/04/13 22:46 ] [ 編集 ]
車は必需品
大都会ならいざ知らず、地方の中小都市、なかんずく過疎地と言われる地方では車は必需品、無くてはならぬ「足」です。
通勤や買い物など一人乗車が多いので、一人あたりの道路使用率?から考えても小さい車が断然有利かと。

今や軽自動車もハイブリッドの時代、選択肢も増えて自分に適した車も簡単に選べます。
メンツに拘らなければまだまだ伸びしろはあると思われ。
[ 2017/04/14 08:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL